かすりとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣類 > 織物 > かすりの意味・解説 

かすり【×掠り/擦り】

かすること。

文字がかすれていること。また、その箇所

上前(うわまえ)。口銭(こうせん)。「—をとる」

かすり傷

肩先に僅かの—負ひて」〈浮・新可笑記・五〉

地口(じぐち)。

うまれつきて—秀句をいふに上手なり」〈咄・醒睡笑・八〉


かすり【×絣/飛白】

かすれたような部分規則的に配した模様また、その模様のある織物。「紺—」


擦り、掠り

読み方:かすり

ラ行五段活用動詞「擦る」「掠る」の連用形である「擦り」「掠り」、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:かすり

発祥の地はインド。柄になる部分経糸緯糸を糸でくくって、色が染まらないようにしてから染色した糸を使って織られた織物。糸でくくった経糸緯糸が独特の柄を白く織り出します。絣柄としては、蚊絣十字絣、亀甲絣、井桁絣、絵絣などがあります

かすり


かすり

  1. スリ親分稼ぎ高の頭をはねる事。〔グ〕

分類 グレ


かすり

  1. 寺銭同意語に用ひられる場合もあるが正確には、子分でない他の者が渡りをつけて賭博開帳する場合、その縄張を持つ親分にとられる場銭のこと。
  2. バクチ打ち用語。親分テラを取る如くその子分共が親分内密にこっそり出かけていって、客人から幾分かの頭をはねたその利金のこと。〔香具師不良
  3. 利益の上前をはねること。掠(かすめ)取るの略語。〔香〕

分類 賭博、香、香具師不良


カスリ

読み方:かすり

  1. アラメノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・島根県

分類 島根県


読み方:かすり

  1. 一般窃盗犯を云ふ。又、親分の者が自分縄張内の浮浪児、与多者等の稼高の上前(うわまい)を刎ねる事。
  2. 一般窃盗犯のこと。また上前をはねることをいう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

かすり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/20 04:03 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

かすり

  • 掠り - 物や人に当たるか、当たらないかのところで通り過ぎること。または、それによって出来た傷(擦過傷)、それに似た様子。
  • 字の掠れ、またはそのように書くこと。
  • という生地、それを加工して作った衣料品のこと。飛白とも。




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



かすりと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かすり」の関連用語

かすりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かすりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2021 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのかすり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS