校訓 校訓の例

校訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/02/12 04:28 UTC 版)

校訓の例

脚注

注釈
出典

参考文献

  • 明石要一(1986)"少ない個性的な学級訓・校訓"現代教育科学(明治図書出版).29(10):118-123.
  • 安彦忠彦・新井郁男・飯長喜一郎・井口磯夫・木原孝博・児島邦宏・堀口秀嗣 編『新版 現代学校教育大事典 3』ぎょうせい、2002年8月1日、566pp.
  • 金刺貴彦(2004)"「岩科起て」はたからもの―校訓を切り口にした地域学習―"歴史地理教育(歴史教育者協議会).666:44-47.
  • 草山友一(2002)"校訓考察"関東学院教養論集(関東学院大学法学部教養学会).12:45-53.
  • 校訓等を活かした学校づくり推進会議『校訓を活かした学校づくりの在り方について(報告書)』平成21年8月、97pp.
  • 小林澄兄『敎育百科辭典』福村書店、1958年7月1日、1298pp.
  • 生田目靖志(1994)"占領軍の教育政策の一端 「御真影・教育勅語返納と奉安殿問題および校歌・校訓等の改廃指定に対する教育現場の対応」を中心として"茨城キリスト教大学紀要.28:27-36.
  • 細谷俊夫・奥田真丈・河野重男・今野喜清 編『新教育学大事典 第3巻』第一法規、平成2年7月31日、587pp. ISBN 4-474-14740-5
  • 山口友吉(1955)"校訓・級訓の問題"児童心理金子書房).9(4):331-336.

関連項目


  1. ^ 2007年(平成19年)3月に廃校した。旧校舎岩科学校として日本国の重要文化財に指定されている。
  2. ^ 相撲の応援から生まれた言葉であり、大正時代に当時の校長が校訓に制定した[10]
  1. ^ 伊勢学園高等学校"伊勢学園高等学校/コース体系・校訓・制服紹介"(2012年2月8日閲覧。)
  2. ^ a b c d e f 細谷ほか 編(1990):117ページ
  3. ^ 草山(2002):45ページ
  4. ^ a b c d e 校訓等を活かした学校づくり推進会議(2009):1ページ
  5. ^ 明石(1986):118ページ
  6. ^ a b 山口(1955):331ページ
  7. ^ a b c d e f g h 安彦ほか 編(2002):21ページ
  8. ^ 校訓等を活かした学校づくり推進会議(2009):3ページ
  9. ^ 山口(1955):336ページ
  10. ^ 金刺(2004):85ページ
  11. ^ 金刺(2004):44ページ
  12. ^ 校訓等を活かした学校づくり推進会議(2009):5ページ
  13. ^ a b 山口(1955):333ページ
  14. ^ 小林(1958):322ページ
  15. ^ 生田目(1994):27 - 28ページ
  16. ^ a b c 生田目(1994):33ページ
  17. ^ 山口(1955):332ページ
  18. ^ 明石(1986):118 - 119ページ
  19. ^ 明石(1986):119ページ
  20. ^ 明石(1986):120 - 121ページ
  21. ^ a b c d e f 明石(1986):122ページ
  22. ^ 学校法人嘉悦学園"学校法人 嘉悦学園|建学の精神"(2012年2月8日閲覧。)
  23. ^ 茨城県立佐和高等学校"茨城県立佐和高等学校>学校概要"(2012年2月8日閲覧。)


「校訓」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「校訓」の関連用語

校訓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




校訓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの校訓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS