接地工事の種類とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 接地工事の種類の意味・解説 

接地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/01 08:34 UTC 版)

(接地工事の種類 から転送)

接地(せっち)とは、機器の筐体・電線路の中性点・電子機器の基準電位配線などを電気伝導体で基準電位点に接続すること、またその基準電位点そのものを指す。本来は基準として大地を使用するため、この名称となっているが、基準として大地を使わない場合にも拡張して使用されている。アース: earth)、グランド(グラウンド): ground)とも呼ばれる。




  1. ^ 150÷変圧器高圧、または特別高圧の電路の一線地絡電流I(高低圧の混蝕で2秒以内に自動遮断可能な場合は300÷I)。
  2. ^ a b 低圧電路で電流動作形で定格感度電流100ミリアンペア以下、動作時間0.5秒以内の漏電遮断器を施設するなら500オーム以下で可。


「接地」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

接地工事の種類に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「接地工事の種類」の関連用語

1
14% |||||

2
12% |||||

3
10% |||||

接地工事の種類のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




接地工事の種類のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの接地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS