大洲和紙とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 伝統的工芸品 > 大洲和紙の意味・解説 

大洲和紙

【工芸品名】
大洲和紙
【よみがな】
おおずわし
【工芸品の分類】
和紙
【主な製品】
障子紙、たこ紙、書道用紙
【歴史】
伊予の紙は平安時代に書かれた「延喜式えんぎしき)」に出てきます。史実では、江戸時代中期に僧が大洲藩紙漉(す)きの師として、技術指導したところから藩内産業として紙作り栄えたとあります
藩の保護奨励のもとに次第発展して、その品質は高い評価を得るようになりました。今なお多くの人が先祖意志継ぎ和紙生産に携わっています。
【主要製造地域】
愛媛県
【指定年月日】
昭和52年10月14日
【特徴】
和紙洋紙違い一枚一枚手作りであるところから、その温かさ人間味等が伝わってきます。障子紙書道用紙の他、最近ではちぎり絵等に多く使用される等、新し用途考えられています。

大洲和紙(おおずわし)

所在地 愛媛県喜多郡内子町西予市野村町  
【主製品】 提灯紙・楮紙泉貨紙改良紙・書道半紙
伊予の紙は『延喜式』に出ており、正倉院文書にもあるほど歴史古く国東兵衛著書紙漉重宝記かみすきちょうほうき)』によれば、「万葉歌人柿本人麻呂岩見国の守護として紙漉きの技を起こし、その技たちまちにして、伊予大洲に伝わり」と記されています。

その後幾多盛衰重ねながら、徳川時代入り大洲藩加藤泰興寛永年間 1624~1643五十崎在住土佐浪人岡崎左衛門召し抱え御用紙を漉かせ、また越前から元禄年間( 1688~1704)六部の宗昌禅定門俗名善之進が来村し、大洲藩紙漉きの師としてその技術指導して以来、藩内産業として繁栄極めました。

その間、寛永3年(1626)には庄屋豪商利益をむさぼり百姓一揆が起きているのは、大洲藩の有名な歴史一つであります
また、佐藤信淵の『経済要録によれば、大洲和紙は大坂出荷し、その品質日本一として大い声価高めており、我々の祖先苦労技術をしのぶことができます
大洲和紙
大洲和紙 明治中期より、コウゾ原料の地半紙よりミツマタ中心改良半紙のほうが盛んになり、大正年間にかけて小田川沿って幾多工場続出し、明治末期には業者 430名を数えました。しかし、機械文明発達と共に、ついに昭和20年には74名となり、現在では3業者となっています。

製品面では、特にミツマタ原料とした改良紙(主にかな用の半紙として使用)と障子紙主力製品として特徴づけられます。改良紙は非常に薄く紙漉き技術も、紙乾燥技術も、特に高度なものが要求され、全国書家の間で好評を博しています。また、障子紙も、特に高級なものが多く全国各地寺院茶室、高級住宅などで広く使用されています。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大洲和紙」の関連用語

大洲和紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

内山紙

高野紙

石州和紙

大洲和紙

小国和紙

ちくさ雁皮紙

小出和紙

さつま和紙





大洲和紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2016 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
全国手すき和紙連合会全国手すき和紙連合会
Copyright 2016 全国手すき和紙連合会 All rights reserved.

©2016 Weblio RSS