地球磁気圏観測衛星「イメージ」とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > 地球磁気圏観測衛星「イメージ」の意味・解説 

イメージ

分類:人工衛星


名称:地球磁気圏観測衛星「イメージ」(IMAGE)
小分類:地球観測衛星
開発機関会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:2000年3月25日
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:デルタII
打ち上げ場所:ヴァンデンバーグ空軍基地
国際標識番号:2000017A

地球磁気圏観測衛星「イメージ」は、地球をとりまく磁気圏調べるために打ち上げられた衛星です。
地球はひとつの大きな磁石で、周囲宇宙空間には地球磁場が広がっています。この磁場広がり地球側を磁気圏呼びますが、磁気圏太陽から吹き出される生命に有害な高速プラズマ流「太陽風」を地球から逸らす働きをしています。しかし太陽フレアー発生し、太陽風が強い時には磁気圏乱れ磁気嵐が起きることがあります磁気嵐南北極地方流れ込むオーロラ発生します。イメージは、2年間にわたってプラズマ発生状況測定し、磁気圏構造調べます。イメージにはプラズマ放つ紫外線放射撮像する「紫外線撮像EUV」や、地球をとりまく高温プラズマ撮影できる「中性原子撮像NAI」などが搭載され、磁気嵐発生予測する「宇宙天気予報」の研究大きく発展させることが期待されています。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?
イメージは直径2.25m、高さ1.52mの8角形をした人工衛星です。打ち上げ時の重量は494kgで、回転姿勢制御方式採用しています。イメージには低エネルギー/中エネルギー/高エネルギー3種の「中性原子撮像器(NAI)」や、「紫外線撮像器(EUV)」「遠紫外線撮像器(FUV)」「電波プラズマ撮像器(RPI)」などが搭載され、地球磁場周囲流れプラズマ流の動き多面的撮影できるようになっています。搭載された4本の長さ250mのワイヤー・アンテナは展開すると宇宙空間での最長人工物となります。

2.どんな目的使用されるの?
太陽から吹き出すプラズマ流「太陽風」が強い時などに、磁気圏乱れ磁気嵐が起きる様子継続的観測し、磁気圏構造調べ目的です。磁気嵐オーロラ発生させるほか電波を乱すため、携帯電話への影響なども心配されており、今後研究が望まれる分野です。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
2000年3月25日デルタIIロケット打ち上げられ、最大高度45000キロ長楕円軌道乗りました。その後は、長さ250mのワイヤー・アンテナを展開し、磁気圏をとりまく磁気嵐の姿を多数撮影しています。2001年には超紫外線撮像器からの映像などが送られており、太陽方向に向かって伸びる尾のようなプラズマの姿を撮影したりしました。この尾は30年前から存在予言されていたものです。

4.どのように地球を回るの?
磁気圏全体画像撮影するため、近地点高度1,000km、遠地点高度45,000kmの長楕円軌道をとり、極点上空などから磁気圏の姿をとらえます。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「地球磁気圏観測衛星「イメージ」」の関連用語

地球磁気圏観測衛星「イメージ」のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

通信放送衛星

ジェミニ計画

マーキュリー計画

ギアナ宇宙センター

ロケットの推力

銀河系の発見

STS-73

自然界の4つの力





地球磁気圏観測衛星「イメージ」のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency

©2017 Weblio RSS