交戦規定とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 交戦規定の意味・解説 

【交戦規定】(こうせんきてい)

Rules of Engagement(ROE).

軍隊司法警察組織における武器使用および傷害致死殺人に関する規定
基本的に組織指揮系統に関する内部的な規定であり、法律として明示されるものではない。
通常軍隊がある状況に対してどのような交戦規定を定めているかは重要な軍事機密とされる

文民統制根幹であると同時に一定の戦略達成するための作戦方針反映する。
作戦上必要であれば発見した敵をあえて攻撃せず見逃すよう命じなければならない場合や「味方見捨て逃げても敵前逃亡にならず、正当な行為と扱われる」場合もある。

後者の例としてはこのようなケースもある。
例えば、4名の兵からなる1チーム本隊から離れた場所で警戒監視についていて、そのうちの1名が夜間至近距離で敵を発見たとする
その兵は声を出して敵に見つかるのを避けるため、寝ていた同僚3名をそのまま放置して本隊に戻って敵襲報告し、任務を果たしたものの、置き去りにされた3名の兵は戦闘終結後に死亡確認された、としよう。
この場合生き延びた兵が同僚3名を見捨て逃げた事は敵前逃亡とはみなされない。

また、攻撃は行えば行うだけ物資損耗するので、誰かが攻撃中止命令する必要性は常に存在する。

一般的な交戦規定

ある特定の状況における交戦規定は非常に細々とした事務的なものだが、大別すると三段階に分けられる。

Weapons Hold
伝令偵察など、緊急性隠密性が求められる場合規定
自身および麾下部隊攻撃を受けている事が明白である場合にのみ、これを排除するための防御戦闘許可される。
当面脅威排除した事が確認された時点で、必ず交戦停止なければならない
また、味方攻撃を受けていても、自身巻き込まれていない場合増援として戦闘参加てはならない
Weapons Tight
駐留部隊など、民間人との接触想定される場合規定
部隊指揮官のみが戦闘開始終了判断する権限を持つ。
部隊隊員はいつでも状況報告して発砲許可申請できるが、許可下りるまで攻撃てはならない
Weapons Free
事前に詳細作戦立案して攻撃を行う場合規定
事前に通達された判断基準に則り、各自自分一人判断攻撃を行う事ができる。
ただし交戦報告義務けられるまた、事実誤認による誤射誤爆については軍法会議対象になる可能性がある。

交戦規定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/13 03:24 UTC 版)

交戦規定(こうせんきてい、Rules of Engagement、以下ROEと表記)とは、軍隊警察における武器使用及び傷害致死罪殺人罪の許容範囲を定めた基準のこと。 このような規定は各組織ごとに大きく異なるものの、多くの組織が用いており、詳細にわたって定められているのが一般的。通常、敵に手の内を明かすのを防ぐため、軍事機密に指定していることが多い。




「交戦規定」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「交戦規定」の関連用語

交戦規定のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

AH-1

クフィル

多連装ロケットシステム

AIM-9

施条砲

V-22

夜間戦闘機

高抵抗爆弾





交戦規定のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの交戦規定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS