LIVとは? わかりやすく解説

バナジウム‐リチウム


Liv

名前 リヴリブ

押尾学

(LIV から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 22:47 UTC 版)

押尾 学(おしお まなぶ、1978年昭和53年〉5月6日 - )は、日本の元俳優、元歌手研音フリーランスを経て、後述の押尾学事件の発覚直前までエイベックス・マネジメントに所属していた。


  1. ^ ドラマ「春ランマン」1話では英語の長台詞を披露していた。
  2. ^ 言いたいことは言う!常に堂々”. スポニチアネックス. 株式会社スポーツスポーツ新聞社. 2004年9月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 「殺人者となった芸能人――押尾学」(芸能人犯罪 & 2012-09, p. 7)
  4. ^ a b ガンズアンドローゼス”. manabu oshio official blog entertainment crusher (2007年4月20日). 2007年4月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月20日閲覧。
  5. ^ “押尾学氏「上がっていこうぜ!」ライブ会場すし詰め”. 日刊スポーツ. (2016年1月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1595938.html 2016年1月24日閲覧。 
  6. ^ “押尾学、語録の98%はウソだった!?”. ORICON STYLE. (2006年3月15日). https://www.oricon.co.jp/news/15541/ 2012年1月5日閲覧。 
  7. ^ X JAPAN”. manabu oshio official blog entertainment crusher (2007年4月21日). 2007年4月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月20日閲覧。
  8. ^ 『女性自身』2008年4月15日号
  9. ^ “X JAPAN、台湾史上最大の3万人単独ライブ開催を発表 (2/2ページ)”. msn産経ニュース. (2008年5月5日). オリジナルの2008年5月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080508184357/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/080505/msc0805050915003-n2.htm 2014年9月20日閲覧。 
  10. ^ 契約解除に関するお知らせ”. エイベックス・マネジメント株式会社 (2009年8月3日). 2009年10月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月20日閲覧。
  11. ^ 押尾学に懲役2年6月の実刑判決”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2010年9月17日). 2017年8月27日閲覧。
  12. ^ a b “押尾被告、謝罪文と損害賠償100万円を遺族拒否”. 産経ニュース. (2011年4月19日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/topics/affairs-14740-t2.htm 2016年1月29日閲覧。 
  13. ^ 話題の事件で刑務所に入る人と刑務所から出た人(リアルライブ、2012年3月29日)
  14. ^ 高橋克典主演「誘拐ラプソディー」押尾事件乗り越え伊ウディネ映画祭へ”. 映画.com (2010年4月3日). 2016年1月24日閲覧。
  15. ^ 押尾学の出演シーンは監督自らが代役に!高橋克典主演の『誘拐ラプソディー』再撮影版が完成”. シネマトゥデイ (2010年1月15日). 2016年1月24日閲覧。
  16. ^ 押尾学 獄中からの手紙…出所後に備え「職業訓練や通信教育も」【押尾学】”. 女性自身 (2013年5月13日). 2013年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月20日閲覧。
  17. ^ 芸能界にまったく未練がなかった押尾学(リアルライブ、2015年8月21日)
  18. ^ 収録曲の「New Civilization Of Massive Destruction」は、 プロレスリング・ノア小川良成が入場曲として使用。


「押尾学」の続きの解説一覧

Liv

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 00:22 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

Liv

人物

その他

関連項目



「liv」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

LIVのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



LIVのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの押尾学 (改訂履歴)、Liv (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS