6000形とは?

Weblio 辞書 > 電車 > 電車図鑑(西日本鉄道) > 6000形の意味・解説 

6000形

6000形
 平成5年5月長年わたって活躍した5000形ベースとした、当社初の4扉車としてデビューしました。
  空調装置マイコン化や側窓・天井構造変更客室運転室双方向通話可能な非常通報装置設置車椅子スペース新設など、旅客サービス向上基本とした設計としています。
  車体の側出入口片側4扉とし、ラッシュ時乗降時間短縮を図っています。また、多様な編成に対応するため、電気連結器付の廻り子式密着連結器新規採用し、6000605070007050形連結することが出来ます
  導入当初は、2両固定編成と4両固定編成でしたが、平成11年4月に2両固定編成間に付随車増備し、3両固定編成変更しました。

編 成 9編成33
★印は車いすスペース設置車両平成21年4月現在)
 3両×3編成=9両
Mc1 T Mc2 -
6701 6901 ★6801 -
6703 6902 6802 -
6703 6903 ★6803 -
 4両×6編成24
Tc1 M1 M2 Tc2
6001 6201 6301 ★6501
6002 6202 6302 6502
6003 6203 6303 ★6503
6004 6204 6304 ★6504
6005 6205 6305 ★6505
6006 6206 6306 ★6506

諸 元
 3両×3編成=9両
項目 Mc1 T Mc2 -
車体 長さ 19500mm -
2716mm -
高さ 4170mm 4080mm 4080mm -
扉数(片側) 4扉  
定員(座席) 132(44)名 146(52)名 132(44)名 -
制御方式 - - 抵抗 -
モーター出力 135kw×4台 - 135kw×4台 -
ブレーキ方式 空制・電制 空制 空制・電制 -
製造初年 平成5年 -
 4両×6編成24
項目 Tc1 M1 M2 Tc2
車体 長さ 19500mm
2716mm
高さ 4080mm 4080mm 4170mm 4080mm
扉数(片側) 4扉
定員(座席) 132(44)名 146(52)名 146(52)名 132(44)名
制御方式 - - 抵抗 -
モーター出力 - 135kw×4台 135kw×4台 -
ブレーキ方式 空制 空制・電制 空制・電制 空制
製造初年 平成5年

6000系

(6000形 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/18 13:21 UTC 版)

6000系(6000けい)とは、6000の数値を使用するないしは4桁の数値の内上1桁目が「6」を使用する体系を持つものを指す。




「6000系」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「6000形」の関連用語

6000形のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

8000形

8000形

2000形

313形

3000形

6000形

7000形

5000形





6000形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
西日本鉄道西日本鉄道
Copyright(C) 2000-2018 by Nishi-Nippon Railroad Co., Ltd.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの6000系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS