阿蘭陀宿とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 阿蘭陀宿の意味・解説 

阿蘭陀宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/06 02:56 UTC 版)

阿蘭陀宿(おらんだやど)は、江戸時代宿屋オランダ商館の Capitão(カピタン)が、江戸参府の際に滞在した宿泊所である。


  1. ^ 主に、火事で焼失した家屋の再建費用のため。
  2. ^ 3月27日の記述。長崎屋には献上物・進物を納めるための土蔵があったことも記されている。
  3. ^ 長崎奉行は2人体制で、1人が長崎に駐在している間、もう1人は江戸に残って執務をした。
  4. ^ 『蘭人参府中公用留』(長崎奉行組与力小笠原貢蔵の記)記載の天保9年(1838年)の実例より。
  5. ^ 『京都御役所向大概覚書』の記載より。
  6. ^ 江戸へ向かう際の、京都の次の宿。
  7. ^ 『阿蘭陀宿相続方手続之ひかえ』。
  8. ^ 長崎奉行所の『申渡留目録』より。
  9. ^ 「京都おらんだ宿の売薬」(『医薬ジャーナル』一九巻六号)より。
  10. ^ 文化11年(1814年)の参府カピタンヘンドリック・ドゥーフは夜間に宿を抜け出して茶屋を訪れて遊女を招き、文政元年にはヤン・コック・ブロンホフが出入商人の手引きで遊女を招きよせている。
  11. ^ 『江戸のオランダ人 カピタンの江戸参府』267頁
  12. ^ 伊藤家の屋敷は下関市の阿弥陀寺町にあり、「本陣伊藤邸趾」の石碑が残されている。
  13. ^ a b c d e f シーボルト著『江戸参府紀行』より。
  14. ^ 下関市南部町(なべちょう)。
  15. ^ a b c d フィッセルの記述より
  16. ^ ドゥーフの3回の江戸参府すべてに随行した医官。
  17. ^ 『小倉市誌』。


「阿蘭陀宿」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「阿蘭陀宿」の関連用語

阿蘭陀宿のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



阿蘭陀宿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿蘭陀宿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS