猫股とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > 怪獣 > 猫股の意味・解説 

ねこ‐また【猫股/猫又】

読み方:ねこまた

年老いたで、尾が二また分かれ化けて人を害するといわれるもの。


猫又

(猫股 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/30 05:14 UTC 版)

猫又猫股(ねこまた)は、日本の民間伝承古典怪談随筆などにあるネコ妖怪。大別しての中にいる獣といわれるものと、人家で飼われているネコが年老いて化けるといわれるものの2種類がある[1]


  1. ^ a b c d e 多田 2000, pp. 170–171
  2. ^ a b c d 笹間 1994, pp. 127–12
  3. ^ a b c 石川 1986, p. 696
  4. ^ a b 平岩 1992, pp. 36–66
  5. ^ 荻田安静編著 著「宿直草」、高田衛編・校中 編『江戸怪談集』 上、岩波書店岩波文庫〉、1989年(原著1677年)、121-124頁。ISBN 978-4-00-302571-0 
  6. ^ 編著者不詳 著「曾呂利物語」、高田衛編・校中 編『江戸怪談集』 中、岩波書店〈岩波文庫〉、1989年(原著1663年)、57-58頁。ISBN 978-4-00-302572-7 
  7. ^ 谷川健一『続 日本の地名』岩波書店岩波新書〉、1998年、146頁。ISBN 978-4-00-430559-0 
  8. ^ 日野巌『動物妖怪譚』 下、中央公論新社中公文庫〉、2006年(原著1926年)、158-159頁。ISBN 978-4-12-204792-1 
  9. ^ ネコのうんちく”. カフェ にゃんまる. 2013年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月23日閲覧。
  10. ^ 佐野賢治他 著、桜井徳太郎 編『民間信仰辞典』東京堂出版、1980年、223頁。ISBN 978-4-490-10137-9 
  11. ^ 京極夏彦 著「妖怪の宴 妖怪の匣 第6回」、郡司聡他 編『』 vol.0029、角川書店〈カドカワムック〉、2010年、122頁。ISBN 978-4-04-885055-1 
  12. ^ Hartwell, Sarah (2001-2009). “Winged Cats, What are they?” (英語). Cat Resource Archive. Messybeast.com. 2010年4月26日閲覧。
  13. ^ a b c 古山他 2005, p. 155
  14. ^ 湯本豪一編著『続・妖怪図巻』国書刊行会、2006年、161-165頁。ISBN 978-4-336-04778-6 
  15. ^ 新紀元社編集部 編『真・女神転生悪魔事典』健部伸明監修、新紀元社Truth In Fantasy〉、2003年、94頁。ISBN 978-4-7753-0149-4 
  16. ^ 『世界の幻獣エンサイクロペディア』一条真也監修、講談社、2010年、194頁。ISBN 978-4-06-215952-4 


「猫又」の続きの解説一覧



猫股と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「猫股」の関連用語

猫股のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



猫股のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの猫又 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS