愛川中島とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > 愛川中島の意味・解説 

愛川中島【アイカワナカジマ】(果樹)

登録番号 第12213号
登録年月日 2004年 8月 18日
農林水産植物の種類 もも
登録品種の名称及びその読み 愛川中島
 よみ:アイカワナカジマ
品種登録の有効期限 25 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 株式会社福島香園
品種登録者の住所 福島県福島市荒井上町裏2番地
登録品種の育成をした者の氏名 斉藤道寿
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は、「川中島白桃」の枝変わりであり、果形が扁円果実大きさ極大果皮地色及び果肉の色が乳白の育成地(福島県伊達郡桑折町)では8月上旬成熟する中生種である。姿は開張大きさは中、樹勢はやや強である。太さは中、節間長はやや長、の色は緑~赤褐である。葉の形は中、葉縁の波打ちは少、大きさは中、色は緑、光沢は中、蜜腺の形は腎である。花形は普通咲、花の大きさは大、花弁の数は単弁、形は楕円、波打ちは有、大きさは中、色は淡雌ずいの健否は少、花粉有無は無、がく筒内壁の色は濃黄、がく筒の形は鐘、がく片先端の形は鈍である。果実外観扁円、果頂部の形は凹、凹みは中、梗あの深さは深、広さはやや広、赤道部の縫合線の深さはやや浅、果頂部縫合線の深さはやや深、果実大きさ極大果皮地色は乳白、果皮着色多少は多、濃さは濃、形はぼかし、果面の毛じの有無は有である。切った直後果肉の色は乳白、果肉内の着色は少、周囲着色は微、果肉粗密はやや粗、果肉繊維多少はやや多、果皮剥離性は中、肉質溶質果汁多少及び甘味は多、酸味は少、渋味はやや少、苦味は無、香気は微である。果肉の粘離は粘の形は短楕円大きさは大、色はやや淡褐、面の粗滑は中である。開花期及び発芽期は中、成熟期満開から成熟までの日数)は111120日で育成においては8月上旬である。果実着色難易は易、生理落果及び割れ多少は少、裂果はやや少である。「川中島白桃」と比較して、の色が淡いこと、成熟期早いこと等で、「長沢白桃」と比較して、果汁が多いこと、の色が淡いこと等で区別性が認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は、昭和60年育成者のほ場(福島県伊達郡桑折町)において、「川中島白桃」の枝変わり発見以後増殖行いながら特性の調査継続し、平成12年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである。なお、出願時の名称は「わせ川中島」であった。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「愛川中島」の関連用語

愛川中島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



愛川中島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ

©2019 Weblio RSS