スノッブ効果とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > スノッブ効果の意味・解説 

スノッブ効果

読み方スノッブこうか
【英】snob effects

スノッブ効果とは、他者消費増加していくほど購買個人需要減少するという効果のことである。アメリカ合衆国理論経済学者であるハーヴェイ・ライベンシュタインによって提唱された。

スノッブ効果は、多くの人が所有している商品には希少価値がないため、自分は同じ商品持ちたくない、あるいは、他の人とは違う商品所有することで希少性への欲求を満たしたいという心理作用に基づいたものである。

スノッブ効果は、マーケティング戦略1つとして用いられる。期間限定商品会員限定商品などと謳った商品販売はスノッブ効果を狙った商法といえる。これらの商品は、多くの人に受け入れられるものである要はなく、希少性の高い材料を用いるケースが多い。

ちなみに、スノッブ効果は、ハーヴェイ・ライベンシュタイン論文消費者需要理論におけるバンドワゴン効果、スノッブ効果、及びヴェブレン効果』の中で述べられている。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スノッブ効果」の関連用語

スノッブ効果のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

iPhone

M Z-01K

Surface Book

Xperia PLAY

プロジェクター

libretto W100

Nokia X2

W-SIM





スノッブ効果のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリスノッブ効果の記事を利用しております。

©2018 Weblio RSS