ゴナドトロピンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > ゴナドトロピン > ゴナドトロピンの意味・解説 

性腺刺激ホルモン

同義/類義語:ゴナドトロピン
英訳・(英)同義/類義語:gonadotropic hormone, gonadotropin

垂体から分泌されるホルモンで、性腺分化成熟や、生殖過程調節を行う。

生殖腺刺激ホルモン

同義/類義語:生殖刺激ホルモン, ゴナドトロピン, 生殖巣刺戟ホルモン
英訳・(英)同義/類義語:gonadotropin, gonadotropin releasing hormone

動物生殖活動関与する分泌器官成熟活動刺激するホルモン総称。ゴナドトロピン。

性腺刺激ホルモン

(ゴナドトロピン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/06 00:03 UTC 版)

性腺刺激ホルモンまたはゴナドトロピン: Gonadotropinイギリス英語: gonadotrophin)は脊椎動物下垂体の性腺刺激ホルモン産生細胞から産生されるタンパク質ホルモンである。黄体化ホルモン(または黄体形成ホルモン、LH:luteinizing hormone)と卵胞刺激ホルモン(または濾胞刺激ホルモン、FSH:follicle stimulating hormone)の2種類の主要な性腺刺激ホルモンがある。LH、FSHともに、2つのペプチド鎖のα鎖とβ鎖がジスルフィド結合している。LHとFSHはほぼ同一のα鎖を持ち、β鎖が受容体相互作用へ特異性を与えている。




「性腺刺激ホルモン」の続きの解説一覧



ゴナドトロピンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゴナドトロピン」の関連用語

ゴナドトロピンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ゴナドトロピンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性腺刺激ホルモン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS