にこちんとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 健康 > ニコチン > にこちんの意味・解説 

ニコチン

読み方:にこちん
【英】:nicotine

化学物質としては毒物として指定されている。たばこの葉に含まれ、強い依存性がある。

 アルカロイド一種で、神経毒性の強い猛毒です。化学物質としては毒物指定されています。
 たばこの葉に含まれており、喫煙によって煙から体内取り込まれます。血液中のニコチンは急速に全身広がります。中枢神経にあるニコチン性アセチルコリン受容体 (nAChR) にニコチンが結合すると、報酬系呼ばれる神経回路作用して心地よさをもたらします。喫煙習慣をなかなか止めることができないのは、この仕組みが強い薬物依存引き起こすためです。また、強い血管収縮作用があるため毛細血管収縮させ血圧上昇させます中毒性があり、子供誤ってたばこの葉を食べたりすると中毒起こし死に至ることもあります。ニコチンそのものには発がん性認められていませんが、ニコチンが分解代謝されることによって生み出されるニトロソアミン類は発がん性があることが知られています。


ニコチン

【仮名】にこちん
原文nicotine

タバコ含まれる習慣性有毒な化学物質製造ラボでの産生も可能である。体内に入ると、ニコチンは心拍数増大させ、心臓による酸素消費増加させ、多幸感およびリラックスした感覚もたらす殺虫剤としても用いられている。

ニコチン【にこちん】






にこちんと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「にこちん」の関連用語

にこちんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コメノリ

RF-4E

ヴィンテージ

ゴールデン・エンゼル

ログキャビンキルト

ホオジロガモ

棟木

8900形





にこちんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
厚生労働省厚生労働省
(C)2017 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
QUPiOQUPiO
Copyright © 2017 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved

©2017 Weblio RSS