L118 105mm榴弾砲とは?

L118 105mm榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/20 15:44 UTC 版)

L118 105mm榴弾砲: L118 Light gun;直訳はL118軽量砲)は、イギリス製の榴弾砲である。1970年代イギリス陸軍に採用され、アメリカ合衆国M119として制式化したのを始めとして、世界中で広く使用されている。


  1. ^ この台座は、運搬時には砲の脚の下面部に固定される
  2. ^ それまでの105mm榴弾砲の射距離は、L118の前任であるイタリア製Mod56(L5)で11,100m、アメリカ製のM101が11,160m、同じくアメリカ製のM102が11,500mと12,000mにわずかにおよばないため、L118の射距離はこれを5,000m近く上回る(いずれも標準榴弾発射時)。口径105mmの榴弾砲でL118の射距離を上回るのはフランス製のLG1 105mm榴弾砲(最大射程19,500m)や南アフリカ製のG7 105mm榴弾砲(最大射程32,000m)など、L118の登場以降に設計されたものである


「L118 105mm榴弾砲」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「L118 105mm榴弾砲」の関連用語

L118 105mm榴弾砲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



L118 105mm榴弾砲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのL118 105mm榴弾砲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS