金星 (エンジン)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 金星 (エンジン)の意味・解説 

金星 (エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/18 18:26 UTC 版)

金星(きんせい)は、第二次世界大戦期に三菱重工業が名古屋航空機製作所発動機部門の深尾淳二技師を中心に開発・製造した航空機用空冷星型エンジンである。 社内呼称はA8(AはAIR COOLINGの意味)。海軍金星として採用され、海軍の主力エンジンとして多くの海軍機に搭載された。金星は海軍のエンジンであったため、初期においては陸軍機に搭載されることは無かったが、第二次大戦後期には陸軍にもハ112として採用され、陸軍機にも搭載されることとなった。大戦後半の陸海軍統合名称はハ33






「金星 (エンジン)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金星 (エンジン)」の関連用語

金星 (エンジン)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



金星 (エンジン)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金星 (エンジン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS