酔拳とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 酔拳の意味・解説 

ドランクモンキー 酔拳

原題:酔拳
製作国:香港
製作年:1978
配給:東映
スタッフ
監督:Yuen Woo Ping ユアン・ウー・ピン
製作:Ng See Yuen ウン・シー・ユアン
撮影:Chiang Hai チャン・ハイ
スタント・コーディネーター:Yuen Woo Ping ユアン・ウー・ピン
字幕監修:宍戸正 シシドタダシ
キャスト(役名
Jackie Chan 成龍 ジャッキー・チェン (不明
Yuen Hsiao Tien ユアン・シァオ・ティエン (不明
Huang Cheng Li  (不明
Wang Chiang ワン・チェン (不明
Lin Ying  (不明
Shin Tien シン・ティエン (不明
Lin Chiao  (不明
解説
酔えば酔うほど強くなるという妙闘技“酔八拳”を使って宿敵を倒す若者を描くアクション映画。製作はウン・シー・ユアン監督ユアン・ウー・ピン撮影チャン・ハイアクション監督ユアン・ウー・ピン各々担当出演ジャッキー・チェンユアン・シァオ・ティエン、ホアン・チョン・リー、ワン・チェンリン・インシン・ティエンリン・チャオなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
清朝末期広東の地にある小さな空手道場では、多く若者たち修業していた。その道場息子フェイ・フン(ジャッキー・チェン)は若さエネルギーもてあまし、ひまがあると悪友と町を闊歩していた。そんなある日、町でならず者3人組が、ヒスイ売り親子をいじめているところに出くわし、思いっきり大乱闘、うさをはらして家に帰ると、さっきのならず者たちがホウタイをまいて殴り込んできた。しかし、そこでメゲるフェイではない。かえってケガ人をふやして追い返す乱暴ぶり。しかし、てんやわんや大騒ぎの末、父親ウォンは、ついに堪忍袋の緒が切れて、ついにフェイ勘当してしまう。精神鍛え直す特訓のあまりの厳しさにスタコラ逃亡した彼は、町に出たが先立つお金がない食堂用心棒にあわや半殺しの目に会わされそうになった時、ベロンベロンに酔っぱらった不思議な爺さん助けられる。この爺さんこそ、フェイ父親親友達人スウその人だった。彼は、酔えば酔う程無敵となる“酔拳”の極意をきわめた大家で、父親が、1年間予定フェイ個人教授依頼したのだったかくしてスウ特訓開始された。あまりの苦しさに、またもやフェイ逃亡した。そんな彼の前に立ちふさがったのが、プロ殺し屋ティエ・シン。彼に最高の屈辱をうけ、今度は自ら志願して、スウ小屋Uターン本格的特訓スタート。ひと通りレッスンをすませて町に出たフェイは、前とは人が変ったように弱くなったシラフスウ助けての活躍ぶり。スウは、ある夜秘伝・酔八拳の極意フェイ伝授した。その八つの酔神の型の美しさ見惚れながら、フェイは、すっかりマスターした。その頃、捧術使いの王と、殺し屋ティエ・シンが、ウォンの命を狙っていた。しかし、そこへ駆けつけたフェイが、死闘の末、酔拳を駆使してチィエ・シンたちを倒すのだった

酔拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/09 06:13 UTC 版)

酔拳(すいけん、Zui Quan 、Drunken boxing 、Drunken Fist)とは中国武術の一種。まるで酒に酔っ払ったかのような独特な動作が特徴的な拳種に冠せられた総称である。


  1. ^ 『滄州武術誌』 河北省人民政府出版社
  2. ^ 螳螂拳術叢書26『酔羅漢拳』 藝美図書公司
  3. ^ a b c d 青木嘉教 「中国拳法 八大門派戦闘理論」愛隆堂刊 ISBN 4750202207
  4. ^ 参考 具一寿「中国拳法戦闘法」愛隆堂刊 ISBN 475020174X
  5. ^ 参考 日本テレビ世界まる見え!テレビ特捜部」●年●月●日[要検証]
  6. ^ 参考 BABジャパン「BUGEI【武藝】」バックナンバー ●号[要検証]
  1. ^ ただし酔拳2公開直前の宣伝番組で、ジャッキー自身がレポーターに「本当に酔った状態では戦えるはずがない」という旨の、本稿概要にもある通りのコメントをしていた。


「酔拳」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「酔拳」の関連用語

酔拳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



酔拳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酔拳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS