近江上布とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣類 > 上布 > 近江上布の意味・解説 

近江上布

【工芸品名】
近江上布
【よみがな】
おうみじょうふ
【工芸品の分類】
織物
【主な製品】
着物地、帯、婦人服
【歴史】
愛知川豊かなと高い湿度といった環境や、近江商人活躍等により、この地方では鎌倉時代から麻織物発展しました。江戸時代には、琵琶湖東岸彦根市辺り支配していた彦根藩振興によりさらに発展し、安定した地場産業となりました。その頃から染め技術大きく進歩し、近江上布独特の上品な絣模様生まれました。
【主要製造地域】
滋賀県
【指定年月日】
昭和52年3月30日
【特徴】
近江上布は、「緯糸絣」と「経緯併用絣」があります緯糸絣は主に緯糸羽根巻にして「型紙捺染かたがみなっせん)」を行います。また、経緯併用絣は両糸に「押捺染(くしおしなっせん)」をし、経糸緯糸の絣を合わせながら織るので最高級品となります。麻は、水気良く吸うので、身に付けると涼しく爽やかな着心地です。

上布

(近江上布 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/13 15:34 UTC 版)

上布(じょうふ)は、細い麻糸大麻苧麻)を平織りしてできる上等な麻布[1] 。過去に幕府などへ献上、上納された[1]。縞や絣模様が多く、夏用和服に使われる。


  1. ^ a b 上布(コトバンク)ブリタニカ国際大百科事典小項目事典、世界大百科事典第2版
  2. ^ a b c d e 吉田真一郎 「近世日本麻布考」『日本の自然布』 平凡社、2003年、57-81頁。ISBN 4-582-94461-2
  3. ^ 吉岡幸雄 「越後上布」『日本の自然布』 平凡社、2003年、90-93頁。ISBN 4-582-94461-2
  4. ^ a b 川村隆一「近江上布」、『繊維学会誌』第61巻第9号、2005年、 249-252頁、 doi:10.2115/fiber.61.P_249NAID 130004433795
  5. ^ a b c d e f g h 吉田真一郎「晒布産地にみる苧麻糸と大麻糸の使い分け」、『はた』第16巻、2009年3月31日、 88-97頁、 NAID 110007088011
  6. ^ a b 【近江の麻 近江上布】清らかな湧水、そして先人の高い技術が育んできた最高級の麻織物”. 地元びいき (2016年10月21日). 2018年4月1日閲覧。
  7. ^ 東吾妻郡教育委員会 (2014年1月16日). “【群馬県】古代より綿々と伝えられてきた伝統技術 岩島麻保存会”. 地元びいき. 2017年10月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e 福島寛子 (2015年3月). “奈良晒の伝承の形と未来への展望‐伝えるということ - 芸術教養学科WEB卒業研究展”. 京都造形芸術大学通信教育部. 2018年3月25日閲覧。
  9. ^ 吉野の山守が案内する山と森から生まれる奈良のものづくり。 Part2:大麻の伝統文化と奈良晒(ならざらし)”. COLOCAL (2014年2月25日). 2017年10月10日閲覧。
  10. ^ なつそひく―麻 せんぐう館 平成28年度企画展示”. せんぐう館. 2017年9月7日閲覧。
  11. ^ a b c d e 『月刊染織』第16号、1982年7月、 8-27頁。
  12. ^ 関家正達 『麻織物製造法と其の実例』 麻織物普及刊行会、1938年
  13. ^ “高級麻織物高宮布の謎見えた 大麻・苧麻を使い分け”. 朝日新聞: p. 滋賀朝刊23面. (2007年7月12日) 


「上布」の続きの解説一覧



近江上布と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「近江上布」の関連用語

近江上布のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



近江上布のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2019 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上布 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS