談とは?

だん【談】

[音]ダン(呉)

学習漢字3年

話す。語る。「談笑談判談論会談懇談相談対談筆談密談面談

話。話し事柄。「縁談怪談奇談巷談(こうだん)・講談史談政談破談美談漫談余談

名のり]かた・かね


だん【談】

あることについて話をすること。また、その話。「関係者の談によると」「成功談」


だん【談】

〔名〕 あるまとまりをもった内容のことを口に出してしゃべること。また、その話。

正法眼蔵123153画餠「糊餠すでに現成するには、超仏越祖の談を説著する祖師あり」

東京年中行事(1911)〈若月紫蘭附録関野工学博士の談(ダン)によると」〔漢書東方朔伝〕


だん‐・ず【談】

〔他サ変〕 ⇒だんずる(談)


だん・じる【談】

〔他ザ上一〕 (サ変動詞だんずる(談)」の上一段したもの

① =だんずる(談)

② 特に、なじり責める。詰問する。

洒落本大門雛形1789‐1801)三「さっきでへぶやりてにたんしられたな。うわきもてへげへにするがいい」


だん‐・ずる【談】

〔他サ変〕 [文]だん・ず 〔他サ変

① 話す。語る。説く説き聞かす

今昔1120頃か)一三年来(としごろ)の事を終夜(よもすがら)談じて」

申楽談儀(1430)音曲心根曲舞よりうたふべしと談ぜられし也」

論ずる。論評する。

談義本根無草(1763‐69)前「紅白粉にて塗よごし、政をも談(ダン)ずべき口にて、せりふなど吐出して」

話しあう。相談する。

今昔1120頃か)二四「如此互に談ずる間、夜に臨て皆寝入ぬ」

人情本枝折(1818‐30)前「予て御談(ダン)じ申せし通り、お専どのを里開きに遣はされ候様に

かけあう談判する。

人情本春色梅児誉美(1832‐33)初「此ほど廓へはお由が理詰掛合にて、むづかしく談(ダン)じてお由が方へ引取、娣(いもと)ぶんとして、かわいがらるるやうす」

(5) なじり責める。なじる。詰問する。


読み方:カタル(kataru)

語るの宛字


読み方:ダンdan

所在 京都府福知山市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典:『Wiktionary』 (2021/12/05 13:53 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. (ダン) 話すこと。談話

動詞

文語談ず/(口語談じる

  1. (ダン) 話す。語る。じる。
  2. (ダン) 相談する。
  3. (ダン) 談判する。

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「談」の関連用語

談のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



談のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS