法廷闘争とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 闘争 > 法廷闘争の意味・解説 

ほうてい‐とうそう〔ハフテイトウサウ〕【法廷闘争】

読み方:ほうていとうそう

公判闘争


裁判

(法廷闘争 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 13:38 UTC 版)

裁判(さいばん、: Court decision)とは、社会関係における利害の衝突や紛争を解決・調整するために、一定の権威を持つ第三者が下す拘束力のある判定をいう。


注釈

  1. ^ たとえば「証人の証言拒絶に対する当否の裁判」(ある証人がこの裁判において証言を拒絶することが妥当か妥当でないか、を判断すること)など。
  2. ^ なお、ここでいう「形式的意義の裁判」と、「実体的裁判」と対比される概念である「形式的裁判」とは異なる。

出典

  1. ^ 兼子一 1959, p. 1.
  2. ^ a b c d e f 『日本大百科全書』小学館。「裁判」【裁判の種類】内田武吉、加藤哲夫 執筆担当。
  3. ^ 日本弁護士連合会『2008年版弁護士白書』45頁、2009年。日本弁護士連合会(2014年10月18日アーカイブ)
  4. ^ 日本弁護士連合会『「弁護士報酬敗訴者負担の取扱い」に関する日本弁護士連合会の意見』、2003年。首相官邸(2013年1月29日アーカイブ)。日本の人口当たりの民事一審訴訟件数は「訴訟社会として知られるアメリカとは比べるべくもなく、ドイツの5分の1、フランスの7分の1にすぎない」。
  5. ^ J. Mark Ramseyer & Eric B. Rasmusen, Comparative Litigation Rates, 2010年。5頁、9頁。
  6. ^ 兼子一 1959, p. 4.
  7. ^ 裁判所職員総合研修所 2010, p. 259.
  8. ^ 裁判所職員総合研修所 2010, p. 258.
  9. ^ 梶村太市 & 徳田和幸 2007, pp. 409-.
  10. ^ 裁判所職員総合研修所 2011, p. 458.
  11. ^ a b c 兼子一 1959, p. 220.
  12. ^ 難波美緒 2014, pp. 147–148.
  13. ^ 公事上聴一件 4巻国立国会図書館デジタルコレクション
  14. ^ 君津市立久留里城址資料館 平成24年企画展「争いと仲直りの江戸時代」より。河川の流形が変わって自村の耕作地が川の対岸となってしまった場合は、立毛(たちげ)と呼ばれる生育中の農作物の存在が認められれば、飛び地として自村の土地として認定される。
  15. ^ a b 中川裕 2019年 p.81
  16. ^ a b c 中川裕 2019年 p.82
  17. ^ ナチスの96歳女性被告、公判前に逃亡図る 強制収容所の元秘書”. AFP (2021年10月8日). 2021年9月30日閲覧。
  18. ^ 100歳の元ナチス看守、公判で証言拒否”. AFP (2021年10月8日). 2021年10月7日閲覧。


「裁判」の続きの解説一覧

法廷闘争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 04:40 UTC 版)

沖縄戦における集団自決」の記事における「法廷闘争」の解説

家永教科書裁判」および「大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判」も参照 2005年8月座間味島の元戦隊長であった梅澤裕と、渡嘉敷島戦隊長であった赤松次の弟が、大江健三郎岩波書店大阪地裁提訴した二人大江健三郎著『沖縄ノート』の記述が、慶良間諸島における「集団自決」は隊長命令よるものとすることで、元戦隊長の名誉を毀損し、遺族敬愛追慕の念をそこなうものであるとして、出版差し止め謝罪広告慰謝料請求した原告側宮城晴美著(母の遺したもの)』や曽野綾子著『ある神話の背景』などをあげ、「集団自決に対する戦隊長命令否定されているとした。 2007年11月9日大阪地裁にて『沖縄ノート』の著者である大江健三郎本人尋問が行われた。大江は「現地調査はしなかったが参考資料読み、また『鉄の暴風』の著者沖縄知識人から話を聞き、「集団自決」は日本軍命令よるものという結論至った」とした。これについて原告である渡嘉敷島の元戦隊長赤松次の弟、赤松秀一は「大江さんは直接取材したこともないのに、いい加減なことを書き憤りを感じた」と批判した2008年3月28日大阪地裁判決においては原告の主張退けられ被告大江岩波側の勝訴となった焦点となった『母の遺したもの』については、著者宮城晴美著書で「母は直接聞いていない」と述べた箇所都合よく利用されたものとして、被告側に立った証言行なった座間味島戦隊長命令については、日本兵によって住民手榴弾渡されたなどの証言が「梅澤命令説を肯定する間接事実なり得る」とされた。『ある神話の背景』については「命令伝達経路明らかになっていないなど、命令明確に認め証拠がないとしている点で赤松命令説を否定する見解有力な根拠にはなる」としながらも「取材対象偏りがなかったか疑問生じる」「軍の関与否定するものともいえない」とされた。司法歴史研究口を挟むことは、思想学問の自由に対する迫害なりかねないので、裁判所による軍命集団自決に関する明確な判断は避けられた。 原告判決不服として控訴したが、2008年10月31日大阪高裁控訴棄却原告側最高裁判所上告したが、最高裁大阪地裁判断同じく隊長自決命令発したことを直ち真実断定できないとしても、「軍の関与」など合理的資料若しくは根拠があり、当時被告隊長自決命令をしたと「信じるに相当の理由」はあり、それは「名誉毀損」にはあたらないとして原告訴え退けた

※この「法廷闘争」の解説は、「沖縄戦における集団自決」の解説の一部です。
「法廷闘争」を含む「沖縄戦における集団自決」の記事については、「沖縄戦における集団自決」の概要を参照ください。


法廷闘争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 12:02 UTC 版)

永山則夫連続射殺事件」の記事における「法廷闘争」の解説

1975年昭和50年1月24日永山は「死刑廃止のための全弁護人選任訴える」とするアピール文を発表し同年3月16日付の『朝日新聞』が報じたその後いったんは解任され第二次弁護団弁護人木村壮が再び弁護人として選任され1975年4月9日東京地裁刑事第5部西川潔裁判長)で公判再開されたが、同日公判裁判長転出による裁判更新手続き)で永山は、弁護団解任した理由について「検察官が『静岡事件』に関連して刑法103条(犯人隠避)に違反していることに耐えられなかったことに加え、『石川鑑定』で『自分の脳波に異常がある』とする鑑定結果出たことにも納得できなかったからだ。前の新井鑑定』では『脳波異常はないとされているから、どちらか間違っていることになる」と主張した。また「もし文部省法務省などが、もう少し地道に人民に奉仕する態度だったら自分はもっと違った生き方ができただろう。犯罪責任犯罪者のみに押し付け、その償い求めることは弱肉強食主義だ。死刑制度廃止され自分生き続けることができたら私は、私と同じ下層仲間たち教育し殺人がない社会作るため努力したい」などと意見陳述した。また永山は(前述のアピールと同様に)「死刑廃止のため、全弁護士自分の弁護人として選任するよう訴える」とも呼びかけたが、その呼びかけ応じた弁護士1人もいなかったため、同年6月3日行われた公判更新手続き)で永山木村に対し弁護士はいったい、私のアピールをどう考えているのか陳述してほしい」と求め出来事もあった。 同年6月11日には永山私選弁護人木村壮辞任要求したため、木村は同17日東京地裁辞任届を提出したが、永山はその直後24日)に獄中ノートへ「今必要なのは100人弁護士より、1人共産主義を理解する弁護士だ」と書き記したほか、翌日25日)には地裁から「弁護人選任に関する通知」が届いたことを受け「いつかはきっと(自分の思想を)分かってくれる弁護士出現してくれる。その日は自分の命ある日ではないかしれないが、歴史とはそういうものだ」と書き記していた。結局永山同年9月10日私選弁護人として鈴木淳二(第二東京弁護士会)を選任することを届け出た同年12月18日開かれた第47回公判で、意見陳述行った鈴木は「自分永山接見したことで自己批判せざるを得ない実感したし、被告人永山)の思想誤り批判是正する互いに人間の弱さ出して直していく」と表明した1976年昭和51年5月28日には新たに2人弁護人選任されたことで、私選第三次弁護団編成された。また第48回公判同年6月10日)に永山は「静岡事件自分起訴してほしい」と主張し西川裁判長も「補充裁判官容れ取り調べる用意がある」と述べてが、西川同年7月2日付で旭川地方裁判所所長として転出した4人目裁判長として東京地裁八王子支部から移動した原茂判事着任したが、原は更新手続きにより裁判遅滞することを警戒し第49回公判同年9月21日以降は弁護人相談せず一方的に公判期日指定した。これに反発した弁護団同年10月9日公判期日取り消し求め上申書と、訴訟進行に関する意見書提出したが、地裁公判期日取り消し請求棄却した。 同年10月20日は第50公判期日指定されていたが、弁護人全員出頭しなかった。これを受け、検察官は「正当な理由なく弁護人欠席することは許されない弁護人不在のままで審理進行してほしい」と申し出たが、原は「本件強制弁護事件あるため弁護人入廷しなければ開廷できない」として退けた永山「静岡事件」の自供以降法廷で「この裁判では静岡事件含めすべての犯行動機真相究明されるべきだ」と主張していたが、原はこれを認めなかった。また前任西川裁判長異なり原が弁護人打ち合わせず一方的に公判期日指定していったことに弁護団反発し、第56公判開かれる予定だった1977年昭和52年5月24日には永山弁護団鈴木淳二弁護士ら3人全員が「原の訴訟指揮により、被告人永山意思沿った弁護活動不可能になった」として東京地裁辞任届を提出した。これを受け東京地裁刑事第5部東京弁護士会に対し永山国選弁護人推薦依頼したが、同時期発生したダッカ日航機ハイジャック事件を受け、「過激派裁判迅速にすべきで、弁護人解任辞任などによる公判遅延策には問題がある」として弁護人抜き裁判法案浮上した1978年昭和53年1月23日には法制審議会部会が「弁護人抜き裁判」を法務省答申し法務省審議官当時弁護人不在だった永山について「(弁護人抜き裁判の)適用第1号になるだろう」と公言したが、同年3月16日には東京弁護士会役員国選運営委員会3人永山国選弁護人第四次弁護団に就任し審理再開された。 1978年9月6日1年4か月ぶりに開かれた56公判では弁護人地裁に対し本件社会的に様々な問題含んでいるため慎重な審理が必要。起訴事実にない静岡事件窃盗詐欺未遂)についても十分な事実解明を望む」と要望した。続く第59回公判同年10月8日)では「静岡事件」について三菱銀行静岡支店の元行員預金係長)が「『静岡事件』の犯人の顔には永山と同じケロイド状の傷跡があったし、逮捕され永山見た時も『うちの支店盗んだ通帳使って預金引き出そうとした男にそっくりだ』と思った」と証言した第60回1978年11月21日)・第61公判同年12月19日)では鑑定人石川証人として出廷したが、第60回公判では国選弁護人のうち1人東京弁護士会館前永山支援グループ包囲され遅刻したことで開廷遅れた。また第61公判でも永山が突然被告人席から乗り出し弁護人席にいた弁護人暴行加えそうになったほか、に対し「お前がやっていることは権力犯罪の『静岡事件』を揉み消すことだ。わかっていたらこんな裁判はやめろ」などと怒号上げ拘置所係官により退廷させられた。

※この「法廷闘争」の解説は、「永山則夫連続射殺事件」の解説の一部です。
「法廷闘争」を含む「永山則夫連続射殺事件」の記事については、「永山則夫連続射殺事件」の概要を参照ください。


法廷闘争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 11:59 UTC 版)

富山・長野連続女性誘拐殺人事件」の記事における「法廷闘争」の解説

93公判1984年4月11日)から第137公判1985年)まで、北野への被告人質問が行われた。しかし、起訴事実に関する被告人質問続いていた第103公判7月24日)の終了直前大山裁判長検察官に対し、(弁護側初公判不同意とした)「北野調書43通の提示命令出し閉廷後にそれらを閲読した。これに反発した北野弁護団黒田主任は、第104公判1984年8月21日)の冒頭で、「我々による被告人質問がほとんど終わっていない段階で調書閲読する裁判官は、『北野有罪』の予断抱いていると言ざるを得ない」として、大山貞雄(裁判長)・川原誠山田知司の3裁判官忌避する旨を申し立てた富山地裁刑事部担当裁判官3人(+民事部3人の計6人)しかいないことから申立却下したが、「北野調書」は検察官返却した佐木 (1991) はこの出来事について触れ、「(北野の)弁護側は、裁判官調書見ながら、被告人質問する事態を恐れ忌避申立をした」と、『北日本新聞』 (1988) は「北野弁護団1983年 - 1984年にかけ、Mの調書相次いで採用されたのに続き、両事件深夜検証が行われたことを受け、『裁判官心証が「北野実行」へ傾いているではないか』と危機感抱いていた」と述べている。 また、107公判では検察官が、公判傍聴していた北野母親弁護人によって証人申請されていた)について、「被告人北野)の供述聞くと、後の証言不当な影響を与える」として、退廷要求。それに対し北野弁護団富山県警刑事や、被害者Aの父親いずれも証人として出廷予定されていた)を退廷させるよう求めたが、裁判長はいずれ却下した

※この「法廷闘争」の解説は、「富山・長野連続女性誘拐殺人事件」の解説の一部です。
「法廷闘争」を含む「富山・長野連続女性誘拐殺人事件」の記事については、「富山・長野連続女性誘拐殺人事件」の概要を参照ください。


法廷闘争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 08:49 UTC 版)

YouTube」の記事における「法廷闘争」の解説

著作権法の判例一覧 (アメリカ合衆国)」も参照 MTVパラマウント・ピクチャーズ保有するメディア大手バイアコム2007年2月10万以上の許可投稿動画削除するよう要請3月13日YouTubeGoogle相手10億ドル著作権訴訟ニューヨーク連邦地裁起こした声明で「無許可映像につけた広告収入源とするYouTubeGoogle事業モデル明らかに違法行為だ」と述べた訴えによるとこれまでに同社映像16本が流れ、計15回視聴された。 メディア会社は、対価なしで自社番組使用するYouTubeケーブルテレビテレビ放送から視聴者広告費奪い取ることを懸念しているバイアコム同時にAppleiTunes Storeで、番組1本1.99ドル販売するなど、合法的なデジタル配信の方法を模索している。これは、iTunes使ってパソコンiPadiPhoneVideo iPod)で視聴できるYouTubeすべての著作権者協力し通知受けた場合直ち削除を行うとしているが、バイアコムYouTubeこのような方法を取ることで著作権侵害防止するイニシアチブを取ることを避けサイト監視する負担コスト著作権者転嫁していると主張している。 バイアコム削除要請した動画には、著作権侵害当たらないバイアコム傘下企業番組のパロディ映像含まれていたとして、2007年3月22日に、電子フロンティア財団バイアコムに対し言論の自由侵害したとして提訴したが、バイアコム削除要請したことは誤りだったと認め訴状同年4月に取り下げられた。 2016年アメリカスタンリー・キューブリック作品解説したYouTuberが約1600万円損害賠償求められる裁判起こされた2021年発生した著作物静止画著作物内容利用、また改変したファスト映画では、著作権侵害における逮捕者発生裁判における判決では「著作権者正当な対価収受する機会を失わせ映画文化の発展阻害しかねない」とし、同年11月16日著作権法違反裁判懲役刑並びに罰金刑有罪判決判例出ている。また、民事による映画会社からの莫大な損害賠償請求という民事責任課された。

※この「法廷闘争」の解説は、「YouTube」の解説の一部です。
「法廷闘争」を含む「YouTube」の記事については、「YouTube」の概要を参照ください。


法廷闘争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/28 08:39 UTC 版)

多比良和誠」の記事における「法廷闘争」の解説

2007年3月2日懲戒解雇不当だとして、東大に対して地位確認未払い賃金支払いを求める訴え東京地裁起こした2009年1月29日懲戒解雇不当だとして、教授として地位確認求めた訴訟判決で、東京地裁は「不正が疑われる助手実験確認怠ったのは研究者として考えられない態度だ」として懲戒解雇は有効と判断請求棄却。(解雇発効日まで未払い給与請求認められた。) 2010年11月24日東京高裁は「論文作成過程生のデータに基づいて助手議論していれば、実験記録試料がほとんど存在しないことは容易に認識でき、過失大きと言ざるを得ない」として解雇相当とした一審東京地裁判決支持し控訴棄却した。2010年12月8日多比良は、二審判決不服として最高裁判所上告した

※この「法廷闘争」の解説は、「多比良和誠」の解説の一部です。
「法廷闘争」を含む「多比良和誠」の記事については、「多比良和誠」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「法廷闘争」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「法廷闘争」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



法廷闘争と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

法廷闘争のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



法廷闘争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの裁判 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの沖縄戦における集団自決 (改訂履歴)、永山則夫連続射殺事件 (改訂履歴)、富山・長野連続女性誘拐殺人事件 (改訂履歴)、YouTube (改訂履歴)、多比良和誠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS