出雲民芸紙とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 全国和紙産地 > 出雲民芸紙の意味・解説 

出雲民芸紙(いずもみんげいし)

所在地 島根県松江市八雲町   
【主製品】 三椏紙雁皮紙楮紙・わら紙
出雲民芸紙

板干し風景
出雲の国は、天平9年737)の正倉院文書写経勘紙解(しゃきょうかんしげ)』にも出雲の紙の名が見えるように、歴史古く天平の昔にさかのぼります。 近世に入ってからは、松江藩松平直政越前より紙漉き工人を招いて、松江郊外野白御紙屋設けたのに始まります。続いて直政の子、近栄が、広瀬町祖父谷(おじたに)に松江藩工人移住させ、御紙屋としました。 八雲村はこの祖父谷紙の技術江戸中期伝えられたものといわれています。

最盛期には30軒あった紙漉き屋は、現在3軒を残すのみです。 こうして衰退してゆく出雲和紙を、伝統技術現代感覚加え、出雲民芸紙としてよみがえらせたのは、故人国宝安部榮四郎でした。安部大正昭和民芸活動通じ民芸創始者柳宗悦陶芸家バーナード・リーチ河井寛次郎浜田庄司版画家棟方志功らと親交を結び、共に活動し、彼らに学びました。それは安部仕事大きな影響与え「手は古く、頭は新しく」―伝統の技でもって一枚和紙に美を与えるものでした。

安部は、古来原料技術を用い雁皮紙漉き昭和43年重要無形文化財雁皮紙技術保持者として認定され、また一方では彼独自の彩り美し創作和紙つくりだしました。 安部活動国内もとより、アメリカ・フランス・中国等でも個展開き海外日本の手漉き和紙の名を広めました。その旺盛な活動逝去する直前まで続けられ、昭和 58年手漉き和紙普及と、安部情熱を傾けた紙の研究資料民芸コレクション展示するための財団法人安部榮四郎記念館設立しました。

現在、安部榮四郎心と技は、孫の手へ受け継がれ、ここ八雲の地にその伝統生き続けています。 紙の持ち味生かすことを一番として、雁皮紙雁皮紙らしく、三椏紙三椏紙らしく、楮紙楮紙らしくつくりあげられています。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「出雲民芸紙」の関連用語

出雲民芸紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

西ノ内紙

高松和紙

石州和紙

周桑和紙

近江和紙

近江和紙

八女和紙

横野和紙





出雲民芸紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全国手すき和紙連合会全国手すき和紙連合会
Copyright 2018 全国手すき和紙連合会 All rights reserved.

©2018 Weblio RSS