上越国境とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 上越国境の意味・解説 

上越国境

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/11/10 20:50 UTC 版)

上越国境(じょうえつこっきょう)とは、上野国(今の群馬県)と越後国(同新潟県)の間を東西に走る国境である。現在では群馬県と新潟県との県境を指す。日本海に注ぐ信濃川水系と太平洋に注ぐ利根川水系を分かつ中央分水嶺をなす山脈上にある。県境の最西端は長野県との3県境がある白砂山であり、最東端は福島県との3県境がある尾瀬であるが、上越国境と呼ばれる地域は、主にトンネルのある西側である。三国山脈がほぼ重なっている。




「上越国境」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「上越国境」の関連用語

上越国境のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



上越国境のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上越国境 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS