ファゴサイトーシスとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > ファゴサイトーシスの意味・解説 

ファゴサイトーシス【phagocytosis】


ファゴサイトーシス


食作用

(ファゴサイトーシス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/03 17:53 UTC 版)

食作用(しょくさよう、: phagocytosis)とは、単球マクロファージ好中球等の細胞が体内(組織内、血液内など)にある程度大きなサイズの異物細菌ウイルス寄生虫)や異常代謝物(ヘモジデリンなど)をエンドサイトーシスによって細胞内へと取り込み、分解する機構のこと。貪食作用とも。 食作用は異物に対する免疫系の最前線であり、自然免疫に分類される。


  1. ^ “In the polymorphic ciliate Tetrahymena vorax, the non-selective phagocytosis seen in microstomes changes to a highly selective process in macrostomes”. The Journal of Experimental Biology 205 (Pt 14): 2089–97. (July 2002). PMID 12089212. 
  2. ^ Montagnes, Djs; Barbosa, Ab; Boenigk, J; Davidson, K; Jürgens, K; Macek, M; Parry, Jd; Roberts, Ec et al. (2008-09-18). “Selective feeding behaviour of key free-living protists: avenues for continued study” (英語). Aquatic Microbial Ecology 53: 83–98. doi:10.3354/ame01229. ISSN 0948-3055. 
  3. ^ “Mixotrophy of a photosynthetic flagellate viewed from an optimal foraging perspective”. Protist 154 (1): 91–8. (April 2003). doi:10.1078/143446103764928512. PMID 12812372. 


「食作用」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ファゴサイトーシス」の関連用語

ファゴサイトーシスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ファゴサイトーシスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの食作用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS