カーテンコールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 漫画 > 漫画作品 > 漫画作品 か > カーテンコールの意味・解説 

カーテンコール


カーテン‐コール【curtain call】

音楽会演劇ショーなどで、終幕後に観客拍手喝采し、いったん退場した出演者舞台呼び戻すこと。

[補説] 書名別項。→カーテンコール


カーテンコール

作者赤川次郎

収載図書回想電車
出版社集英社
刊行年月1996.4

収載図書回想電車
出版社集英社
刊行年月1999.10
シリーズ名集英社文庫


カーテンコール

作者井上雅彦

収載図書1001秒の恐怖映画―ホラー・ショートショート
出版社東京創元社
刊行年月2005.1
シリーズ名創元推理文庫


カーテン・コール

作者都筑道夫

収載図書証拠写真三十四枚
出版社光文社
刊行年月1987.2
シリーズ名光文社文庫


カーテン・コール

作者村松友視

収載図書帰ってきたアブサン
出版社河出書房新社
刊行年月1996.7

収載図書帰ってきたアブサン
出版社河出書房新社
刊行年月1998.10
シリーズ名河出文庫


カーテンコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 09:13 UTC 版)

カーテンコールcurtain call) とは、オペラバレエ演劇ミュージカルなどにおいて、歌手バレエダンサー俳優指揮者演出家が舞台上に現れて観客に挨拶することをいう。通常はお辞儀や手を振ったりして観客の拍手や歓声に応えるだけだが、一連の公演の初日、千秋楽などの節目では代表者が謝辞を述べる場合もある。




「カーテンコール」の続きの解説一覧

カーテンコール!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/03/13 16:39 UTC 版)

カーテンコール!』は、有沢遼による日本漫画作品。




「カーテンコール!」の続きの解説一覧

「カーテンコール」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カーテンコールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カーテンコールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカーテンコール (改訂履歴)、カーテンコール! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS