うぶとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 舞楽 > うぶの意味・解説 

うぶ【初/初心/産/生】

[名・形動

初・初心)世間ずれがしていないこと。ういういしいこと。また、そのさま。「そのまま信じるほど—ではない」

初・初心)まだ男女の情を解しないさま。「—な娘」

産・生

生まれときのままであるさま。

人間らしい崇高な生地を—の儘有(も)っているか解らないぜ」〈漱石明暗

㋑自然のままであること。また、つくられたままであること。

「品が—で、胡粉(ごふん)一つ剝げてないなんてものは」〈魯庵社会百面相

㋒(名詞の上に付けて生まれたときの。生まれときのままの。「—声」「—毛」


う‐ぶ【右舞】

右方(うほう)の舞(まい)」に同じ。⇔左舞


う‐ぶ【有部】


う‐ぶ【右舞】

〔名〕 ⇒うまい(右舞)


う‐ぶ【有部】

〔名〕 (「せついっさいうぶ説一切有部)」の略) 仏滅三百年ごろ根本上座部から分出した一派。〔律宗瓊鑑章‐六〕


うぶ【産・生・初】

1語素名詞の上に付いて、出産に関する語を作り、「生まれるとき」「生まれた子どもの」などの意を添える。「うぶ祝」「うぶ衣(ぎぬ)」「うぶ毛」「うぶ声」「うぶ屋」「うぶ養い」など。

2 〔名〕 (形動

生まれたとき。また、生まれときのままであるさま。生まれつき。生来

類従兼澄集(1012頃)「撫できけむうぶの黒髪やぶりして変はれる筋は心細しや」

② (初・初心) 性情のすなおなさま。また、世間物事を十分に知っていないさま。世馴れぬさま。初心(しょしん)。

滑稽本指面草(1786)中「此茶碗見所のある道具〈略〉うぶに魚屋(ととや)ならんと思へども、不躾ながら魚屋なれば高金にて、たやすく手に入兼る道具

破戒(1906)〈島崎藤村二一未だ初心(ウブ)で複雑(こみい)った社会(よのなか)のことは一向解らない」

③ (初・初心) とくに、男女の情に通じていないさま。初心(しょしん)。

歌舞伎日月星享和政談延命院)(1878)五幕「沓脱(くつぬき)にあるおたけが下駄、〈略〉うぶと見せても台は仕上げ直し東下駄、しかも鼻緒はまがひ天鵞絨(びろうど)」

④ 自然のままで、人手が加わっていないこと。また、できあがったときのままで、傷やよごれのないさま。〔和英語林集成初版)(1867)〕

社会百面相(1902)〈内田魯庵古物家「絵の出来無類で、品がウブで、胡粉一つ剥げてないなんてものは」

(5) 骨董品古本などで、今まで市場や店に出されていないこと。また、その品。

歌舞伎船打込橋間白浪鋳掛松)(1866)二幕「いやこれは与市さん、何ぞうぶなものでもありますかね」


生ぶ(うぶ)

作当初の姿で、後代に手を加えられていない状態を指す。生ぶ拵=刀身の製作と同時に、その刀身合わせて作られた拵。生ぶ磨上げ、区送りなどのない製作当初の。生ぶ穴=後世において複数目釘穴空けられた場合、その中の製作当初に空けられた穴を指して言う。生ぶ刃ハバキ付近の、未だ刃が付けられていない最も健全な刃先の状態。

初心

読み方:うぶ

  1. 初犯者-犯罪未熟練者。〔第二類 人物風俗
  2. 初犯者、犯罪行為未熟者を云ふ。
  3. 初犯者。犯罪行為未熟なもの。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

(うぶ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 06:18 UTC 版)

(せい、しょう、いのち)




「生」の続きの解説一覧



うぶと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「うぶ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

うぶのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



うぶのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2021 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS