多脚戦車とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 多脚戦車の意味・解説 

多脚戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/19 13:55 UTC 版)

多脚戦車(たきゃくせんしゃ)は、漫画アニメ作品『攻殻機動隊』シリーズに登場する架空の兵器思考戦車(シンク)とも呼ばれる。歩行戦車の一分類。




  1. ^ 『S.A.C』に登場するタチコマが、家出少女と共にいる時に(人間のふりをして)警官への言い訳に使った方便として「大戦中に体を失い、応急処置的に戦車に脳を搭載したが、脳が癒着してしまったのでそのままでいる」というものがあり、警官も了承している。
  2. ^ 「DRIVE SLAVE Part.1」で、バトーがフチコマの不在理由を「ちょっとトラブってAI研究班が全機連れて行っちまった」と語っている。
  3. ^ フチコマ、タチコマ、ウチコマのモデルがハエトリグモであることはDVDBOXなどで度々言及されているが、HAW-206もまた2009年2月にオーガニックからフィギュア商品化された際、クモ綱節足動物である「サソリ型」であるとアナウンスされている。
  4. ^ 後のタチコマを狙う際、180度の旋回を一秒以内に終えていた
  5. ^ 剣菱が用意していた、着弾後急速に固化するゲル状の粘着弾頭と、それを発射するランチャー状の発射機
  6. ^ 演出上のミスにより、素子の頭部を握りつぶそうとするシーンの前に標準マニピュレータを潰してしまったため、急遽隠し腕が設定された。押井守『メカフィリア』より。


「多脚戦車」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「多脚戦車」の関連用語

多脚戦車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鹿島鳥居

桂皮

アラン-M

カウハッチ

サンフォライズド

マユミ

犬吠埼灯台

ヘルツ





多脚戦車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの多脚戦車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS