ファゴサイトーシスとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > ファゴサイトーシスの意味・解説 

ファゴサイトーシス


食作用

(ファゴサイトーシス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/05 07:12 UTC 版)

食作用(しょくさよう、: phagocytosis)とは、単球マクロファージ好中球等の細胞が体内(組織内、血液内など)にある程度大きなサイズの異物(細菌ウイルス寄生虫)や異常代謝物(ヘモジデリンなど)をエンドサイトーシスによって細胞内へと取り込み、分解する機構のこと。 食作用は異物に対する免疫機構の最前線であり、自然免疫に分類される。




「食作用」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ファゴサイトーシスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ファゴサイトーシス」の関連用語

ファゴサイトーシスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

プレイオスピロス・ボルシイ

フェネック

下顎骨

ターニング・ポイント

オオタカ

妙義荒船佐久高原国定公園

ダブルローディング

なたね油





ファゴサイトーシスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの食作用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS