蒼羽りく 蒼羽りくの概要

蒼羽りく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/16 20:09 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

東京都府中市[3]都立神代高等学校出身[3]。身長173cm[1]。愛称は「りく」[4]

来歴

2005年、宝塚音楽学校入学。

2007年、宝塚歌劇団に93期生として入団[4]。入団時の成績は3番[5]星組公演「さくら/シークレット・ハンター」で初舞台[2][4][1]。その後、宙組に配属[2][4]

2010年、「TRAFALGAR」で新人公演初主演[1][2][4]。入団4年目での抜擢となった[4]

2012年、凰稀かなめ実咲凜音トップコンビ大劇場お披露目となる「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」で、2度目の新人公演主演[2][4][1]

2013年、「風と共に去りぬ」で3度目の新人公演主演[4][2][1]。レット・バトラーを演じ、新人公演を卒業[1][4]

2019年7月21日、「オーシャンズ11」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[2]

宝塚歌劇団時代の主な舞台

初舞台

  • 2007年3 - 4月、星組『さくら-妖しいまでに美しいおまえ-』『シークレット・ハンター-この世で、俺に盗めぬものはない-』(宝塚大劇場のみ)[2]

宙組時代

出演イベント

  • 2009年9月、轟悠ディナーショー『Yū,il mondo!』
  • 2010年12月、『タカラヅカスペシャル2010〜FOREVER TAKARAZUKA〜』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ』〜プレ・プレ・センテニアル〜
  • 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』
  • 2015年5月、『王家に捧ぐ歌』前夜祭
  • 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』
  • 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』
  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年2月、『宙組誕生20周年記念イベント』

宝塚歌劇団退団後の主な活動

舞台




  1. ^ a b c d e f g h i j ラストチャンス射止め「幸せ」/蒼羽りく(朝日新聞デジタル プレシャス!宝塚 2013年10月17日)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n Memories of 蒼羽りく タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  3. ^ a b 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、134頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  4. ^ a b c d e f g h i j k l フェアリーインタビュー 宙組 蒼羽りく ウィズたからづか。
  5. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、119頁。ISBN 978-4-484-14601-0
  6. ^ 宝塚版「エリザベート」25周年記念コンサートの出演者発表、歴代出演メンバーがずらり ステージナタリー。


「蒼羽りく」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蒼羽りく」の関連用語

蒼羽りくのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蒼羽りくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蒼羽りく (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS