異国船打払令 異国船打払令の概要

異国船打払令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 10:02 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

しかし、外国についての情報を考えると何が起こるか分からないため、「薪水給与令」として異国船打払令は数年で廃止された。

概要

1808年10月文化5年8月)に起きたフェートン号事件、1824年の大津浜事件宝島事件[1]を受けて発令されたと言われているが、同じ1824年に発生した、水戸の漁民たちが数年前から初夏の頃、沖合で操漁している欧米の捕鯨船の乗組員と物々交換を行っていたことが発覚し、300人余りが取り調べを受けた事件が重要な動機で、西洋人と日本の民衆とを遮断する意図を濃厚に持っていたという説も出されている[2]

フェートン号事件と大津浜事件との間においてイギリスは熱心に開国を試みた。1816年には琉球に通商を請い、1817年から1822年まで浦賀に何度も船をよこしていた。

打払令が出た1825年は、イングランド銀行からヨーロッパを巻き込む恐慌が起こった。

この3年後にはシーボルト事件が起きた。

内容

日本の沿岸に接近する外国船は見つけ次第に砲撃し、追い返した。また、上陸外国人については逮捕を命じている。

しかし、日本人漂流漁民音吉庄蔵寿三郎ら7人を送り届けてきたアメリカ合衆国商船モリソン号をイギリスの軍艦と誤認して砲撃したモリソン号事件は日本人にも批判された。また、アヘン戦争での大国の惨敗の情報により、幕府は西洋の軍事力の強大さを認識し、1842年天保13年)には異国船打払令を廃止し、遭難した船に限り補給を認めるという薪水給与令を出して、文化の薪水給与令の水準に戻すことになった。

阿部正弘の政権の下では外国船の出没が頻繁になったため、打払令の復活の可否が議論された。しかし、沿岸警備の不十分さを理由に打払令の復活は撤回された。

関連項目


  1. ^ さつま人国誌「宝島の英国人侵入事件」 | 373news.com
  2. ^ 田中弘之『「蛮社の獄」のすべて』(2011年 吉川弘文館)


「異国船打払令」の続きの解説一覧



異国船打払令と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「異国船打払令」の関連用語

異国船打払令のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



異国船打払令のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの異国船打払令 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS