チャールズ・バベッジ チャールズ・バベッジの概要

チャールズ・バベッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 05:20 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
チャールズ・バベッジ
チャールズ・バベッジ (1860)
生誕 (1791-12-26) 1791年12月26日
イングランド ロンドン
死没 (1871-10-18) 1871年10月18日(79歳没)
イングランド ロンドン
国籍 イングランド
研究分野 数学、哲学、計算機科学
研究機関 トリニティ・カレッジ (ケンブリッジ大学)
出身校 ピーターハウス(ケンブリッジ大学
主な業績 数学、計算機械
署名
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

「コンピュータの父」と言われることもあり[3]、初期の機械式計算機を発明し、さらに複雑な設計に到達した[4]。その完成しなかった機械の一部はロンドンに所在するサイエンス・ミュージアムに展示されている。1991年、バベッジの本来の設計に基づいて階差機関が組み立てられ、完全に機能した。これは19世紀当時の技術の精度に合わせて作られており、バベッジのマシンが当時完成していれば動作していたことを証明した。9年後、サイエンス・ミュージアムはバベッジが階差機関用に設計したプリンターも完成させた。

誕生

ロンドンに生を受ける。正確な生誕地については議論があるが、ロンドンの 44 Crosby Row, Walworth Road ではないかとされている。ラーコム・ストリートとウォルワース・ロードの交差点付近に生誕を記念したブルー・プラークがある[5]

生まれた日は『タイムズ』紙の死亡記事から1792年12月26日とされている。しかしその死亡記事が出た後、生まれたのは1791年だと甥が書いている。教会の記録によれば、バベッジが洗礼を受けたのは1792年1月6日となっており、生まれたのが1791年だったという説を裏付けている[6][7][8]

父ベンジャミン・バベッジ (Benjamin Babbage) は裕福な銀行家であったが元は金細工師であった。母はベッツィー・バベッジ (Betsy Plumleigh Babbage)。1808年、一家はテインマス東部に移り、父は近くの St. Michael’s Church の教会委員となった。

教育

The Illustrated London News(1871年11月4日)より[9]

父が裕福であったため、小学校時代に複数の家庭教師をつけるなど、熱心な教育を受けさせた。10歳のとき[10]生命を危うくするほどの発熱を経験し、療養をかねて田舎(エクセター近郊のアルフィントン)の学校に通うようになる。両親は学校に「あまり脳に負担をかけないようにしてください」と依頼し、本人は「こんなに暇では馬鹿になるかもしれない」と思ったと後に述べている。デヴォン州トットネス英語版フランス語版ドイツ語版King Edward VI Grammar School に入れられ、ここですぐに体力を回復すると、再び家庭教師を付けてもらえるようになった[11]。その後ミドルセックス州インフィールドにある30人の生徒を持つホルムウッド・アカデミーに参加し、スティーブン・フリーマン牧師に学ぶようになった。このアカデミーには膨大な蔵書があり、それによって数学に興味を持つようになる。アカデミーを離れてからさらに2人の家庭教師について学ぶ。一人はケンブリッジに住む聖職者で、バベッジは後に「何も得る物が無かった」と述べている。もう一人はオックスフォードの家庭教師で、ケンブリッジに入学できるだけの古典について学ぶことができた。

1810年10月、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学[12]。ここでゴットフリート・ライプニッツジョゼフ=ルイ・ラグランジュトーマス・シンプソンらの著作を読みふけり、ケンブリッジの数学教育のレベルの低さに失望した。その結果として1812年ジョン・ハーシェルジョージ・ピーコック英語版らと共に解析協会英語版を設立。バベッジ、ハーシェル、ピーコックは後に裁判官となったエドワード・ライアン英語版とも親しく、ライアンは後に科学の後援者となった。また、バベッジとライアンは後に姉妹とそれぞれ結婚し、義理の兄弟になっている[13]。バベッジは学生として他の団体にも参加しており、超常現象を研究する The Ghost Club英語版、精神病院からメンバーを解放することを目的としている Extractors Club などがある[14][15]

1812年、ケンブリッジ大学のピーターハウス・カレッジ英語版に移る[12]。ここで数学者のトップとなったが、卒業することはできなかった。代わりに名誉学位を試験無しで1814年に与えられている。

結婚、家族、死

バベッジの墓

1814年7月[16]、デヴォン州テインマスの St. Michael's Church でジョージアナ・ホイットモア (Georgiana Whitmore) と結婚。シュロップシャーダッドマストン・ホール英語版というカントリー・ハウスを新居としたが(ここで自らセントラルヒーティングシステムを設計)、その後ロンドンに引っ越した。

8人の子供をもうけたが[17]、成人したのは4人だけだった。妻は1827年9月1日、ウスターで死去。同年、父、次男、生まれたばかりの末っ子が相次いで亡くなった。その後1年をかけてヨーロッパ大陸を旅行したため、階差機関の構築が遅れることになった。

1871年10月18日、79歳で死去。ロンドンのケンサル・グリーン墓地英語版に埋葬された。Horsleyによれば、「腎臓を患い、膀胱炎を併発して」亡くなったという[18]。1983年、バベッジの検死報告書が発見され、後にバベッジの玄孫が公表した[19][20]。また、複写が公開されている[21]。バベッジの脳は、半分がイングランド王立外科医師会に保管され、もう半分がサイエンス・ミュージアムにて展示されている[22]

一番年下の息子ヘンリー・プレヴォスト・バベッジ (1824–1918) は、父の設計に基づいて6台の階差機関を製作し[23]、そのうちの1台がハーバード大学に送られた。Harvard Mark I を開発したハワード・エイケンが後にそれを発見している。ヘンリー・プレヴォストが1910年に製作した解析機関の演算器はダッドマストン・ホールに展示されていたが、今はサイエンス・ミュージアムにて展示されている[24]


  1. ^ GRO Register of Deaths: December 1871 1a 383 MARYLEBONE: Charles Babbage, aged 79
  2. ^ Tanenbaum, Andrew (2007). Modern Operating Systems. Prentice Hall. p. 7. ISBN 0136006639 
  3. ^ Halacy, Daniel Stephen (1970). Charles Babbage, Father of the Computer. Crowell-Collier Press. ISBN 0027413705 
  4. ^ Swade, Doron (2000). The Difference Engine: Charles Babbage and the Quest to Build the First Computer. Penguin. pp. 84–87. ISBN 0142001449 
  5. ^ Plaque #1140 on Open Plaques.
  6. ^ Hyman 1982, p. 5
  7. ^ Moseley, Maboth (1964). Irascible Genius, The Life of Charles Babbage. Chicago: Henry Regnery. p. 29. http://books.google.com.au/books?id=ELAMAQAAIAAJ 
  8. ^ The Late Mr. Charles Babbage, F.R.S”. The Times (UK) 
  9. ^ Hook, Diana H.; Jeremy M. Norman, Michael R. Williams (2002). Origins of cyberspace: a library on the history of computing, networking, and telecommunications. Norman Publishing. pp. 161, 165. ISBN 0930405854. http://books.google.com/?id=fsICrp9shVIC&pg=PA165 
  10. ^ オーウェン・ギンガリッチ 2009, p. 5.
  11. ^ Moseley 1964, p. 39
  12. ^ a b "Babbage, Charles (BBG810C)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  13. ^ Wilkes, M. V. (2002). “Charles Babbage and his world”. Notes and Records of the Royal Society 56 (3): 353–365. doi:10.1098/rsnr.2002.0188. 
  14. ^ Hofstadter, Douglas R. (1979, 2000). Gödel, Escher, Bach: an Eternal Golden Braid. Penguin Books. p. 726 
  15. ^ Charles Babbage'S Computer Engines”. 2012年3月13日閲覧。
  16. ^ オーウェン・ギンガリッチ 2009, p. 17.
  17. ^ Valerie Bavidge-Richardson. “Babbage Family Tree 2005”. 2007年10月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年10月22日閲覧。
  18. ^ Horsley, Victor (1909). “Description of the Brain of Mr. Charles Babbage, F.R.S”. Philosophical Transactions of the Royal Society of London. Series B, Containing Papers of a Biological Character 200 (262–273): 117–32. doi:10.1098/rstb.1909.0003. http://journals.royalsociety.org/content/xl7210623532p738/?p=daaddfe06dca444eafad36aab95177ea&pi=1 2007年12月7日閲覧。.  (要購読契約)
  19. ^ Babbage, Neville (June 1991). “Autopsy Report on the Body of Charles Babbage ( "the father of the computer ")”. Medical Journal of Australia 154 (11): 758–9. PMID 2046574. 
  20. ^ Williams, Michael R. (1998). “The "Last Word " on Charles Babbage”. IEEE Annals of the History of Computing 20 (4): 10–4. doi:10.1109/85.728225. http://www2.computer.org/portal/web/csdl/doi/10.1109/85.728225. (要購読契約)
  21. ^ Postmortem report by John Gregory Smith, F.R.C.S. (anatomist)”. Science and society.co.UK. 2009年1月29日閲覧。
  22. ^ Visit the museum, Galleries, Computing, Overview”. Science Museum. 2010年10月25日閲覧。
  23. ^ Henry Prevost Babbage – The Babbage Engine”. Computer History Museum. 2009年1月29日閲覧。
  24. ^ Henry Babbage's Analytical Engine Mill, 1910”. Science Museum (2007年1月16日). 2009年1月29日閲覧。
  25. ^ Bowden, B. V., ed (1953). Faster than thought: A symposium on digital computing machines. London: Pitman. http://www.computinghistory.org.uk/det/10719/Faster-Than-Thought-A-Symposium-on-Digital-Computing-Machines-1953/ 
  26. ^ Gleick, J. (2011). The Information: A History, a Theory, a Flood. London: Fourth Estate. p. 104 
  27. ^ Roegel, Denis (April–June 2009). “Prototype Fragments from Babbage's First Difference Engine”. IEEE Annals of the History of Computing 31 (2): 70–5. doi:10.1109/MAHC.2009.31. 
  28. ^ Overview – The Babbage Engine”. Computer History Museum. 2009年1月29日閲覧。
  29. ^ Shiels, Maggie (2008年5月10日). “Victorian 'supercomputer' is reborn”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/7391593.stm 2008年5月11日閲覧。 
  30. ^ Fuegi & Francis 2003, pp. 19, 25.
  31. ^ Fuegi J, Francis J (October–December 2003). “Lovelace & Babbage and the creation of the 1843 'notes'”. Annals of the History of Computing 25 (4): 16–26. doi:10.1109/MAHC.2003.1253887.  See pages 19, 25
  32. ^ “It Started Digital Wheels Turning”. New York Times. http://www.nytimes.com/2011/11/08/science/computer-experts-building-1830s-babbage-analytical-engine.html?_r=1/ 2011年11月10日閲覧。 
  33. ^ “Babbage Analytical Engine designs to be digitised”. BBC News. (2011年9月21日). http://www.bbc.co.uk/news/technology-15001514 2012年3月19日閲覧。 
  34. ^ Electronics Times: Micro-machines are fit for space”. Findarticles.com (1999年10月11日). 2012年7月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年1月29日閲覧。
  35. ^ “Babbage's Last Laugh”. The Economist. (1999年9月9日). http://www.economist.com/node/324654?story_id=E1_PNQGVQ 
  36. ^ Book of Members, 1780–2010: Chapter B”. American Academy of Arts and Sciences. 2011年4月28日閲覧。
  37. ^ Kahn, David L. (1996). The Codebreakers: The Story of Secret Writing. New York: Scribner. ISBN 978-0-684-83130-5 
  38. ^ Lee, John A. N. (1995). International biographical dictionary of computer pioneers. Taylor & Francis US. pp. 60 
  39. ^ Babbage 1864, pp. 317–8
  40. ^ Babbage, Benjamin Herschel”. Bright Sparcs Biographical entry. 2008年5月15日閲覧。
  41. ^ Medical Discoveries, Ophthalmoscope”. Discoveriesinmedicine.com. 2009年1月29日閲覧。
  42. ^ Crowther, J. G. (1968). Scientific Types. London: Barrie & Rockliff. p. 266. ISBN 0248997297 
  43. ^ Hyman, Anthony (1982). Charles Babbage, Pioneer of the Computer. Princeton, New Jersey: Princeton University Press. pp. 82–7. ISBN 0691083037 
  44. ^ Moseley 1964, pp. 120–1- 日付に混乱が見られるので注意
  45. ^ Ákos Róna-Tas (1997). The Great Surprise of the Small Transformation: The Demise of Communism and the Rise of the Private Sector of Hungary. University of Michigan Press. p. 20. ISBN 978-0-472-10795-7. Retrieved 27 April 2013.
  46. ^ Babbage, Charles (1857). “Table of the Relative Frequency of Occurrence of the Causes of Breaking of Plate Glass Windows”. Mechanics Magazine 66: 82. 
  47. ^ Babbage, Charles (1989). Martin Campbell-Kelly. ed. The Works of Charles Babbage. V. London: William Pickering. p. 137. ISBN 1851960058 
  48. ^ The insurance cyclopeadia: being a ... – Google Books. Google Books. (1878). http://books.google.com/?id=cScKAAAAIAAJ&pg=PA417&lpg=PA417&dq=Table+of+the+Relative+Frequency+of+the+Causes+of+Breakage+of+Plate+Glass+Windows 2011年2月22日閲覧。 
  49. ^ Campbell-Kelly, Martin; Babbage, Charles (1994). “Ch 26”. Passages from the Life of a Philosopher. Pickering & Chatto Publishers. p. 342. ISBN 1-85196-040-6 
  50. ^ Babbage 1864, p. 360
  51. ^ Hansard's parliamentary debates. THIRD SERIES COMMENCING WITH THE ACCESSION OF WILLIAM IV. 27° & 28° VICTORIA, 1864. VOL. CLXXVI. COMPRISING THE PERIOD FROM THE TWENTY-FIRST DAY OF JUNE 1864, TO THE TWENTY-NINTH DAY OF JULY 1864. Parliament, Thomas Curson Hansard "Street Music (Metropolis) Bill "; V4, p471
  52. ^ Ioan James (2010). Remarkable Engineers: From Riquet to Shannon. Cambridge University Press. p. 50. http://books.google.co.uk/books?id=0bwb5bevubwC&pg=PA50&lpg=PA50&dq=babbage+baronetcy&source=bl&ots=zAAIltkphu&sig=aL7tGth2t35frCKD88AgmgNQ2j0&hl=en&sa=X&ei=iSYxT6X9BMek0QXCzvCoBw&ved=0CC0Q6AEwAQ#v=onepage&q=babbage%20baronetcy&f=false 
  53. ^ Ganeri, Jonardon (2001). Indian logic: a reader. Routledge. p. vii. ISBN 0700713069 
  54. ^ a b Boole, Mary Everest (1931). “Indian Thought and Western Science in the Nineteenth Century”. In Cobham, E.M.; Dummer, E.S.. Boole, Mary Everest "Collected Works". London: Daniel. pp. 947–967. http://books.google.com.au/books?id=-5wyxULAKpsC 
  55. ^ Babbage, Ninth Bridgewater Treatise. Chapter V. Further View of the same Subject. The Victorian Web.
  56. ^ Passages from the Life of a Philosopher (1864), p. 8.
  57. ^ Pickover, Clifford A. (2009). The Math Book: From Pythagoras to the 57th Dimension, 250 Milestones in the History of Mathematics. Sterling Publishing Company, Inc. p. 218
  58. ^ Smithsonian Institution. (1846). Annual report of the Board of Regents of the Smithsonian Institution. Washington Goverment Pringting Office. Smithsonian Institution
  59. ^ [Passages from the Life of a Philosopher https://archive.org/stream/passagesfromlif00babbgoog#page/n408/mode/2up] (1864), The Belief In The Creator From His Works, p. 396-402
  60. ^ Plaque #3061 on Open Plaques.


「チャールズ・バベッジ」の続きの解説一覧




固有名詞の分類

コンピュータ関連人物 ポール・フラハーティ  J・C・R・リックライダー  チャールズ・バベッジ  村田真  芝野耕司
19世紀の数学者 アンドレ=ルイ・コレスキー  小野友五郎  チャールズ・バベッジ  ジェームズ・ジーンズ  ヘルマン・アマンドゥス・シュワルツ
18世紀の数学者 アンリ・ナビエ  トーマス・シンプソン  チャールズ・バベッジ  寺島宗伴  ボーヤイ・ファルカシュ
コンピュータに関する人物 エリック・レイモンド  デヴィッド・カトラー  チャールズ・バベッジ  グイド・ヴァンロッサム  ジェームズ・ゴスリング
イングランドの数学者 ウィリアム・ティモシー・ガワーズ  アイザック・ニュートン  チャールズ・バベッジ  ジョン・クーチ・アダムズ  ゴッドフレイ・ハロルド・ハーディ
暗号研究者 レオン・バッティスタ・アルベルティ  マイケル・ラビン  チャールズ・バベッジ  ブルース・シュナイアー  ロナルド・リベスト

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

チャールズ・バベッジのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



チャールズ・バベッジのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチャールズ・バベッジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS