グレーター・ロンドン 人口統計

グレーター・ロンドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/23 13:44 UTC 版)

人口統計

グレーター・ロンドンの一部地域で典型的なスプロール化する郊外の宅地開発を眼下に見る、ロンドン南西部にあるトルワース・タワーの最上階からの眺望の高解像度画像。

工業化が進んだことにより、19世紀から20世紀初めにかけて、ロンドンの人口は急速に成長し、1925年にニューヨークにその座を奪われるまで、世界で最も人口の多い都市であった。人口がピークに達したのは1939年で、当時の人口は8,615,245人であった。

ロンドンの連続的な都市圏はグレーター・ロンドンの境界線を越えて拡大し、2005年には推計9,332,000人が在住していた[要出典]。一方で、グレーター・ロンドンよりも広範囲に及ぶ都市圏人口は、都市圏の定義にもよるが、1200万人から1400万人程度である。

リージョンの面積は1,579平方キロメートルで、人口密度は4,761人/平方キロメートルである。これは、他のどのイギリスのリージョンと比べても10倍以上の数字である。人口の多さという点では、ロンドンは世界で25番目の都市であり、17番目の都市的地域である[いつ?]。米ドル換算の億万長者の居住者数では、世界第4位の都市である。また、東京モスクワに並んで、世界で最も生活費のかかる都市の1つでもある。

民族構成

2011年のイギリスの国勢調査結果[27]
出生国 人口
イギリス 5,175,677人
インド 262,247人
ポーランド 158,300人
アイルランド 129,807人
ナイジェリア 114,718人
パキスタン 112,457人
バングラデシュ 109,948人
ジャマイカ 87,467人
スリランカ 84,542人
フランス 66,654人
ソマリア 65,333人
ケニア 64,212人
アメリカ合衆国 63,920人
ガーナ 62,896人
イタリア 62,050人
トルコ 59,596人
南アフリカ 57,765人
ドイツ 55,476人
オーストラリア 53,959人
ルーマニア 44,848人
フィリピン 44,199人
キプロス 43,428人
ポルトガル 41,041人
リトアニア 39,817人
中国 39,452人
アフガニスタン 37,680人
イラン 37,339人
スペイン 35,880人
ウガンダ 32,136人
ブラジル 31,357人

2001年の国勢調査では、人口の71.15%が民族構成統計上の白人に分類され、イギリス系 (White British) が59.79%、アイルランド系 (White Irish) が3.07%、(ギリシャ系キプロス民族、イタリア系、ポーランド系、ポルトガル系が大半を占める)その他 (Other White) が8.29%であった。インド系、パキスタン系、バングラデシュ系および(スリランカ系、アラブ系およびその他の南アジア系民族が大半である)その他のアジア系 (Other Asian) がアジア系 (British Asian) に分類され、12.09%を占めていた。10.91%は黒人 (Black British) に分類され、約6%がアフリカ系 (Black African) 、4%がカリブ系 (Black Caribbean) 、0.84%がその他の黒人 (Other Black) であった。3.15%は混血で、1.12%が中国系、1.58%がその他(フィリピン系、日系、韓国系、ベトナム系およびその他の東洋系 (British Orientals) が大部分)であった。住民の21.8%は欧州連合域外で出生した。アイルランド系民族(アイルランド共和国および北アイルランド出身者)は約200,000人で、スコットランド系とウェールズ系を合わせた人口と同程度である。

2005年1月、ロンドンの民族および宗教の多様性に関する調査によると、300以上の言語が話され、50以上の非土着民族コミュニティがあり、その人口は10,000人以上であるとのことであった。国家統計局の統計によれば、2006年には、ロンドンの外国出生者の人口は2,288,000人 (31%) で、1997年の1,630,000人より増加した。2001年の国勢調査によれば、人口の27.1%はイギリス国外で生まれ、非白人に分類される人口がわずかに高い割合で存在することが示された。

2011年の国勢調査では、人口の59.79%が民族構成統計上の白人に分類され、イギリス系 (White British) が44.89%、アイルランド系 (White Irish) が2.15%、(ギリシャ系キプロス民族、イタリア系、ポーランド系、スペイン系、コロンビア系およびポルトガル系が大半を占める)その他 (Other White) が12.65%であった。インド系、パキスタン系、バングラデシュ系および(スリランカ系、アラブ系およびその他の南アジア系民族が大半である)その他のアジア系 (Other Asian) がアジア系 (British Asian) に分類され、18.49%を占めていた。13.32%は黒人 (Black British) に分類され、7%がアフリカ系 (Black African) 、4.22%がカリブ系 (Black Caribbean) 、2.08%がその他の黒人 (Other Black) であった。4.96%は混血で、3.44%がその他(フィリピン系、日系、韓国系、ベトナム系およびその他の東洋系 (British Orientals) が大部分)であった。

右の表が示しているのは、2011年の最新の国勢調査の実施時点における、住民の出生地の上位30か国である[28]。ただし、これらの数値は各国に関連する特定の民族集団の総人口を公正に指し示すものではない。たとえば、ギリシャ民族(ギリシャおよびキプロス)に起源をもつロンドン市民は300,000人であるが、ロンドンに組織化されたギリシャ系コミュニティが成立したのは、この2世紀近い間のことである。同じことはイタリア系およびフランス系のロンドン市民についてもいえ、これらのコミュニティが成立したのは数世紀ほどの間のことである[注 6][29]。ポーランド系コミュニティは中世後期以来ロンドンに存在しているが、2001年の国勢調査においては顕著ではなく、2004年以来顕著に成長してきた結果として、2010年6月までに122,000人のポーランド系住民がロンドンに居住するようになった[30]。ドイツ生まれの市民の人口データは誤解を抱かせやすい。というのも、それにはドイツに駐留するイギリス軍に従事している親元に生まれたイギリス国籍者が含まれるためである。

ロンドンは数世紀の間、安全な場所として、あるいは経済的な理由のために、移民・難民たちにとって関心の的であり続けている。ユグノー、東欧のユダヤ人、キプロス人および東アフリカ系アジア人はかつての移民の例であり、アイルランド人、バングラデシュ人、西インド諸島の人々が新たな生活の場を求めてロンドンにやって来た。イーストエンド地区のスピタルフィールズ英語版辺りは、いくつかの民族にとって最初の住まいとなり、繁栄するにつれて、ロンドンの他の地区へと移っていった。

民族種別 2001年[31] 2011年[32]
人口(単位:人) % 人口(単位:人) %
White: British
(白人:イギリス系)
4,287,861 59.79% 3,669,284 44.89%
White: Irish
(白人:アイルランド系)
220,488 3.07% 175,974 2.15%
White: Gypsy or Irish Traveller[注 7]
(白人:ジプシーまたはアイリッシュ・トラベラー)
N/A 8,196 0.10%
White: Other
(白人:その他)
594,854 8.29% 1,033,981 12.65%
白人:小計 5,103,203 71.15% 4,887,435 59.79%
Asian or Asian British: Indian
(アジア人またはアジア系:インド系)
436,993 6.09% 542,857 6.64%
Asian or Asian British: Pakistani
(アジア人またはアジア系:パキスタン系)
142,749 1.99% 223,797 2.74%
Asian or Asian British: Bangladeshi
(アジア人またはアジア系:バングラデシュ系)
153,893 2.15% 222,127 2.72%
Asian or Asian British: Chinese[注 8]
(アジア人またはアジア系:中国系)
80,201 1.12% 124,250 1.52%
Asian or Asian British: Other Asian
(アジア人またはアジア系:その他のアジア系)
133,058 1.86% 398,515 4.88%
アジア人またはアジア系:小計 946,894 13.20% 1,511,546 18.49%
Black or Black British: African
(黒人または黒人系:アフリカ系)
378,933 5.28% 573,931 7.02%
Black or Black British: Caribbean
(黒人または黒人系:カリブ系)
343,567 4.79% 344,597 4.22%
Black or Black British: Other Black
(黒人または黒人系:その他の黒人)
60,349 0.84% 170,112 2.08%
黒人または黒人系:小計 782,849 10.92% 1,088,640 13.32%
Mixed: White and Black Caribbean
(混血:白人とカリブ系黒人)
70,928 0.99% 119,425 1.46%
Mixed: White and Black African
(混血:白人とアフリカ系黒人)
34,182 0.48% 65,479 0.80%
Mixed: White and Asian
(混血:白人とアジア系)
59,944 0.84% 101,500 1.24%
Mixed: Other Mixed
(混血:その他の混血)
61,057 0.85% 118,875 1.45%
混血:小計 226,111 3.15% 405,279 4.96%
Other: Arab[注 7]
(その他:アラブ系)
N/A 106,020 1.30%
Other: Any other ethnic group
(その他:上記以外の民族)
113,034 1.58% 175,021 2.14%
その他:小計 113,034 1.58% 281,041 3.44%
合計 7,172,091 100.00% 8,173,941 100.00%

人口

グレーター・ロンドンの人口推移(推計値)

現在のグレーター・ロンドンに相当する区域の人口は、1801年の約110万人[33] から1939年には推計860万人に増加したが、1988年には670万人まで減少し、1990年代に再び増加し始めた。

2006年までには、人口は1970年の水準(1920年代と同等の水準)にまで回復し、その後は1939年のピーク時の人口に近づきつつある。

ここに示すデータは、2001年時点のグレーター・ロンドンの区域を対象としている。1971年以前のデータは、国家統計局が過去の国勢調査に基づいて、2001年時点の区域に合わせて再構築したものである。1981年以降のデータは、その年の中期推計値(2007年8月改定)であり、ロンドンの人口が少なめに推計されることで知られる国勢調査のデータよりも正確である。

1891年 4月5日-6日 5,572,012人
1901年 3月31日-4月1日 6,506,954人
1911年 4月2日-3日 7,160,525人
1921年 6月19日-20日 7,386,848人
1931年 4月26日-27日 8,110,480人
1939年 中期推計値 8,615,245人
1951年 4月8日-9日 8,196,978人
1961年 4月23日-24日 7,992,616人
1965年 グレーター・ロンドンが正式に設置
1971年 4月25日-26日 7,452,520人
1981年 中期推計値 6,805,000人[34]
1988年 中期推計値 6,729,300人[35]
1991年 中期推計値 6,829,300人[36]
2001年 中期推計値 7,322,400人[37]
2002年 中期推計値 7,361,600人[38]
2003年 中期推計値 7,364,100人[39]
2004年 中期推計値 7,389,100人[40]
2005年 中期推計値 7,456,100人[41]
2006年 中期推計値 7,512,400人[6]
2009年 中期推計値 7,753,600人[6]
2013年 中期推計値 8,416,535人[42]
2014年 中期推計値 8,546,761人[1]



  1. ^ カウンティとしてのグレーター・ロンドンを構成する。
  2. ^ グレーター・ロンドンとは独立したカウンティであるが、リージョンとしてのグレーター・ロンドン (London) の一部分である。
  3. ^ 対応する日本語訳は「ロンドン州」「ロンドン県」「ロンドン郡」など、定まっていない。
  4. ^ クロイドン区とサザーク区は、これまでに幾度もシティ(市)の地位を得るための申請をしているが、いずれも失敗している。
  5. ^ シティ・オブ・ロンドンのロンドン市長 (Lord Mayor of Londonと混同しないように。
  6. ^ フランス大使館は、300,000人から400,000人のフランス市民がイギリス国内に在住しており、「これらの人々の圧倒的多数はロンドンに居住している」と推定している。
  7. ^ a b 2011年の国勢調査で導入された新しい種別。
  8. ^ 2001年のデータは本表の 'Other ethnic group' 以下を参照。
  9. ^ a b 端数を丸めてあるため、3つを足し合わせた額が合計額と一致するとは限らない。
  10. ^ a b 狩猟業および林業を含む。
  11. ^ a b エネルギー産業および建設業を含む。
  12. ^ a b 間接的に測定された金融仲介サービス業を含む。
  1. ^ a b MYE2: Population Estimates by single year of age and sex for local authorities in the UK, mid-2014”. ONS. Office for National Statistics. 2015年7月9日閲覧。
  2. ^ a b c d Travers, T., The Politics of London, (2004)
  3. ^ London Government Act 1963”. Legislation.gov.uk. 2017年8月19日閲覧。
  4. ^ Administration of Justice Act 1964”. Legislation.gov.uk. 2017年8月19日閲覧。
  5. ^ Watson, Jo (2009年7月25日). “Access to Nature Regional Targeting Plan – LONDON” (pdf). Natural England. 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  6. ^ a b c T 08: 2011 Census – Population and Household Estimates for England and Wales, March 2011”. Office for National Statistics (2012年7月16日). 2012年7月16日閲覧。
  7. ^ Regional Gross Value Added highest in London in 2012”. Office for National Statistics. ONS (2014). 2014年9月17日閲覧。
  8. ^ Glass, R., London: aspects of change (1964).
  9. ^ Vision of Britain -Census 1901: Preliminary Report
  10. ^ a b Young, K. & Garside, P., Metropolitan London: Politics and Urban Change, (1982)
  11. ^ Westergaard, J., The Structure of Greater London, London: Aspects of Change, (1961)
  12. ^ The Motorway Archive — The origins of the London Orbital Motorway (M25) Archived 20 July 2009 at the Wayback Machine.
  13. ^ Saint, A., Politics and the people of London: the London County Council (1889–1965), (1989)
  14. ^ London Local Government. The Times. 18 April 1921.
  15. ^ Complex London: Big Task For Inquiry Commission. The Times. 5 August 1921.
  16. ^ Greater London: Case for Central Authority: Area and Powers. The Times. 14 December 1921.
  17. ^ Windsor and Greater London: Protests Against Proposals. The Times. 27 December 1921
  18. ^ Greater London: Report of Royal Commission. The Times. 22 March 1923.
  19. ^ 'The Government of London: the struggle for reform' by Gerald Rhodes (London: Weidenfeld and Nicolson 1970 ISBN 0-297-00031-4
  20. ^ The Greater London, Kent and Surrey Order, 1968
  21. ^ The Greater London and Surrey Order, 1970
  22. ^ Westminster City Council – One City — An Introduction Archived 22 May 2009 at the Wayback Machine.
  23. ^ HMSO, Lieutenancies Act 1997, (1997)
  24. ^ Mills, A., Dictionary of London Place Names, (2001), Oxford
  25. ^ Jones, B. et al., Politics UK, (2004)
  26. ^ Arden Chambers Barristers, A Guide to the Greater London Authority Act, (2000)
  27. ^ Table QS213EW 2011 Census: Country of birth (expanded), regions in England and Wales”. Office for National Statistics (2013年3月26日). 2015年7月15日閲覧。
  28. ^ Greater London Authority – Summary of 'Country-of-Birth' in London” (PDF). Greater London Authority. 2008年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月6日閲覧。
  29. ^ “London, France's sixth biggest city”. BBC News. (2012年5月30日). http://www.bbc.co.uk/news/magazine-18234930 
  30. ^ Polish people in the UK”. Office for National Statistics (2011年2月24日). 2011年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。
  31. ^ 2001 census – theme tables”. NOMIS. 2014年9月5日閲覧。
  32. ^ Ethnic Group by measures”. NOMIS. 2014年9月2日閲覧。
  33. ^ 当時は約85万人が都市的地域に居住していた一方、残りの25万人はロンドンに併合される前の町や村に住んでいた。
  34. ^ T 08: Quinary age group and sex for local authorities in England and Wales; estimated resident population based on the 1991 Census; Mid-1981 Population Estimates.”. Office for National Statistics (2007年8月22日). 2007年8月22日閲覧。
  35. ^ T 08h: Mid-1988 Population Estimates; Quinary age groups and sex for local authorities in England and Wales; estimated resident population revised in light of results of the 2001 Census”. Office for National Statistics (2007年8月22日). 2007年8月22日閲覧。
  36. ^ T 09a: Mid-1991 Population Estimates; Quinary age groups and sex for local authorities in the United Kingdom; estimated resident population”. Office for National Statistics (2007年8月22日). 2007年8月22日閲覧。
  37. ^ T 08: Selected age groups for local authorities in the United Kingdom; estimated resident population; revised in light of the local authority population studies; Mid-2001 Population Estimates”. Office for National Statistics (2007年8月22日). 2007年8月22日閲覧。
  38. ^ T 09L: Quinary age groups and sex for local authorities in the United Kingdom; estimated resident population Mid-2002 Population Estimates; reflecting the revisions due to improved international migration”. Office for National Statistics (2007年8月22日). 2007年8月22日閲覧。
  39. ^ T 09m: Quinary age groups and sex for local authorities in the United Kingdom; estimated resident population Mid-2003 Population Estimates; reflecting the revisions due to improved international migration”. Office for National Statistics (2007年8月22日). 2007年8月22日閲覧。
  40. ^ T 09n: Quinary age groups and sex for local authorities in the United Kingdom; estimated resident population Mid-2004 Population Estimates; reflecting the revisions due to improved international migration”. Office for National Statistics (2007年8月22日). 2007年8月22日閲覧。
  41. ^ T 09p: Quinary age groups and sex for local authorities in the United Kingdom; estimated resident population Mid-2005 Population Estimates; reflecting the revisions due to improved international migration”. Office for National Statistics (2007年8月22日). 2007年8月22日閲覧。
  42. ^ Population Estimates for UK, England and Wales, Scotland and Northern Ireland, Mid-2013” (2014年6月26日). 2014年7月3日閲覧。
  43. ^ a b Archived copy”. 2012年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月17日閲覧。
  44. ^ a b Tomlinson, S., Education in a post-welfare society, (2001)
  45. ^ BBC News – What future for grammar schools?. 15 February 2003.
  46. ^ OFSTED, Improvements in London schools 2000–06, (2006)
  47. ^ The Mayor of London's City Partnerships webpage Archived 27 September 2007 at the Wayback Machine.
  48. ^ Sister City Relationships between China and the United Kingdom, Chinese Embassy, 16 July 2015.
  49. ^ "Beijing, London to be sister cities", China Daily, 11 April 2006. Retrieved on 6 June 2006.
  50. ^ Sister City – London”. nyc.gov. 2007年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月3日閲覧。
  51. ^ Joshua Fowler (2013年7月5日). “London Government Act: Essex, Kent, Surrey and Middlesex 50 years on”. BBC News. http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-23518687 
  52. ^ Westminster, Department of the Official Report (Hansard), House of Commons,. “House of Commons Hansard Debates for 23 Jun 2009 (pt 0008)”. Publications.parliament.uk. 2017年8月19日閲覧。
  53. ^ [1][リンク切れ] Royal Mail (2004)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グレーター・ロンドン」の関連用語

グレーター・ロンドンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グレーター・ロンドンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグレーター・ロンドン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS