衆議院の再可決とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 衆議院の再可決の意味・解説 

衆議院の再可決

読み方:しゅうぎいんのさいかけつ

衆議院可決された法案が、参議院否決、あるいは、『みなし否決』された場合において、衆議院の再議決により可決されること。

参議院において、野党過半数占めいわゆるねじれ国会』では、参議院否決されることが多いため、法案成立要件として衆議院の再可決が求められる再可決するには、衆議院の再議決3分の2上の賛成が必要となる。

衆議院の再議決

(衆議院の再可決 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/07 09:41 UTC 版)

衆議院の再議決(しゅうぎいんのさいぎけつ)とは、日本国憲法第59条第2項に規定されるいわゆる「衆議院の再可決」を目的として行われる、衆議院本会議での採決であり、対象は法律案に限られる。憲法のこの規定は、衆議院の優越規定の一つとされる。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 参院では修正案が可決。衆院では参院の修正案を否決、衆院の可決案が再可決された。
  2. ^ a b c d e f g h i j 参院が「否決」した法案を衆院が再議決して成立。
  3. ^ 起立採決に異議が出て、記名採決に変更された
  4. ^ a b c d 参院が、衆院の可決した法律案を受け取った後、60日以内に議決しなかったため、衆院は「参院が否決したとみなす動議」を可決。さらに、衆院の可決案が再可決された。
  5. ^ 参議院政治家改革に関する特別委員会議事録 1994年1月5日
  6. ^ 野中俊彦著 『憲法Ⅱ 第5版』 有斐閣、2012年、136頁


「衆議院の再議決」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「衆議院の再可決」の関連用語

衆議院の再可決のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



衆議院の再可決のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの衆議院の再議決 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS