楪とは?

ゆずり‐は〔ゆづり‐〕【譲葉/交譲葉/×楪】

ユズリハ科常緑高木本州中部以西山林自生長楕円形でつやがあり、裏面白緑色で、柄は赤く、先に集まって互生する。雌雄異株初夏黄緑色小花をつけ、実はやや丸くて藍色庭木とし栽培される。新葉が出てから古い落ちるので、新旧相ゆずるという縁起を祝って新年飾り物に使う。交譲木。《 新年》「—や口にふくみて筆はじめ/其角


ユズリハ

ユズリハ
科名 ユズリハ科
別名: -
生薬名: コウジョウボク交譲木
漢字表記
原産 日本中部以西
用途 山中自生し、庭にも植えられる常緑樹春に古葉新葉一度入れ替わるので、譲葉ゆずりは」の名があり、お正月飾りにもされます。民間で、樹皮煎じ腫れ物などに用いたり、イヌネコ駆虫剤として外用します。
学名: Daphniphyllum macropodum Miq.
   

読み方:ユズルハ(yuzuruha)

ユズリハ科常緑高木園芸植物薬用植物

学名 Daphniphyllum macropodum


読み方:ユズリハyuzuriha

暖地自生するトウダイグサ科常緑高木新葉が整ったころ古い落ち新旧交替してあい譲るような格好になるので、ユズリハの名がおきた

季節 新年

分類 植物


地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ユズリハ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 05:32 UTC 版)

ユズリハ(楪、交譲木または譲葉、学名: Daphniphyllum macropodum)は、ユズリハ科ユズリハ属常緑高木古名ユズルハ和名は、に枝先に若葉が出たあと、前年の葉がそれに譲るように落葉することに由来する。


  1. ^ "Daphniphyllum macropodum Miq". Germplasm Resources Information Network (GRIN). Agricultural Research Service (ARS), United States Department of Agriculture (USDA). 2012年8月20日閲覧 (英語)
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Daphniphyllum macropodum Miq. subsp. macropodum” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年6月11日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Daphniphyllum himalaense (Benth.) Müll.Arg. subsp. macropodum (Miq.) T.C.Huang” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年6月11日閲覧。
  4. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Daphniphyllum membranaceum Hayata” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年6月11日閲覧。
  5. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plants簡易検索結果表示”. 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList). 千葉大学. 2014年1月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 正木覚 2012, p. 110.
  7. ^ a b c d e f g h i 山﨑誠子 2019, p. 94.
  8. ^ 農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所 (2008年2月4日). “ユズリハ”. 写真で見る家畜の有毒植物と中毒. 2014年1月27日閲覧。
  9. ^ 有機化学美術館 (2013年7月25日). “【全合成】Total synthesis of the Daphniphyllum alkaloid daphenylline”. ChemASAP. ライブドアブログ. 2014年1月27日閲覧。
  10. ^ a b c d 山本規詔 2017, p. 57.
  11. ^ 山﨑誠子 2019, p. 95.
  12. ^ 「家紋と家系辞典」講談社
  13. ^ 藤山宏『プロが教える住宅の植栽』学芸出版社、2010年、9頁。


「ユズリハ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 04:05 UTC 版)

発音(?)



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「楪」の関連用語

楪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



楪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2022, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユズリハ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS