暗黒期とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 暗黒期の意味・解説 

暗黒期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/11/27 19:41 UTC 版)

暗黒期(あんこくき、英:eclipse period)とは、細胞ウイルスを接種後、感染細胞内にウイルス粒子が検出できなくなる期間。エクリプス陰性期暗黒現象とも呼ばれる。暗黒期においてはウイルス粒子は脱殻を行い、ウイルスタンパク質核酸の合成を行なう。子孫ウイルスの出現により再びウイルス粒子の検出が可能となる。感染後に子孫ウイルスが細胞外に放出されるまでの期間を潜伏期と呼び、細胞膜表面で成熟して放出されるウイルスの暗黒期は潜伏期と一致する。分裂により増殖する生物ではその形態が観察できなくなる期間はなく、暗黒期の存在はウイルスをリケッチアクラミジアと分ける大きな特徴である。




「暗黒期」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「暗黒期」の関連用語

暗黒期のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



暗黒期のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暗黒期 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS