大口真神とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 大口真神の意味・解説 

おおぐちのまがみ 【大口真神】


真神

(大口真神 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 04:47 UTC 版)

真神(まかみ[1]、まがみ[1]、しんじん[2])は、(ニホンオオカミ)の古名異名[1][2]、「まこと」、「正しい神」を指す言葉[2]大口真神(おおくちのまがみ、おおぐちまかみ)、御神犬とも呼ばれる。


  1. ^ a b c 松村 2020, p. 真神.
  2. ^ a b c 小学館 2020, p. 真神.
  3. ^ 大和国風土記逸文(『枕詞燭明抄(中)』)に記述され、「大口の真神原」という地名説話として語られ、飛鳥大仏辺りの古称で『万葉集』にも見られる。『風土記 日本古典文学大系2』 岩波書店 14刷1971年(1刷1958年) p.421の脚注。
  4. ^ お札になったオオカミ
  5. ^ 山に棲むオオカミへ、畏敬の念(武蔵御嶽神社)


「真神」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大口真神」の関連用語

大口真神のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大口真神のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの真神 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS