基 (僧)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 基 (僧)の意味・解説 

基 (僧)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/28 18:53 UTC 版)

(き、拼音: 貞観6年(632年) - 永淳元年11月13日682年12月17日))は、中国代の仏教家であり、法相宗を起した。窺基(きき)と通称されるが、窺の字を付けない「基」が正しい名前である[1]




注釈

  1. ^ 『宋高僧傳』卷4 - 唐京兆大慈恩寺窺基傳 :「奘師……遂造北門将軍,微諷之出家。……基亦強拒。激勉再三。拜以従命。奮然抗聲曰。聽我三事,方誓出家。不断情欲、葷血,過中食也。奘先以欲勾牽。後令入佛智。佯而肯焉。行駕累載前之所欲,故關輔語曰三車和尚。」
  2. ^ 『宋高僧傳』卷4 - 唐京兆大慈恩寺窺基傳 :「一基自序云:『九歳丁艱,漸疏浮俗。』若然者,三車之説。乃厚誣也。」

出典

  1. ^ 「基」 - 日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. ^ 「きき」 - 世界大百科事典 第2版
  3. ^ 林香奈『慈恩大師基の伝記の再検討』、印度學佛教學研究 59(1), pp.242-246, 2010-12-20
  4. ^ 受賞発表”. 身延山大学. 2019年12月8日閲覧。


「基 (僧)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「基 (僧)」の関連用語

基 (僧)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



基 (僧)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの基 (僧) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS