ヴォーグとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ヴォーグの意味・解説 

ボーグ【(フランス)vogue】

読み方:ぼーぐ

流行人気


ヴォーグ【ヴォーグ】(草花類)

※登録写真はありません 登録番号 5030
登録年月日 1996年 3月 19日
農林水産植物の種 ガーベラ
登録品種の名称及びその読み ヴォーグ
 よみ:ヴォーグ
品種登録の有効期限 15 年
育成者権の消滅 1996年 4月 19日
品種登録者の名称 ピート シュレアース デ クヴァーケル社
品種登録者の住所 オランダ王国 1424 PD デ クヴァーケル ホーフトヴアッハ 81
登録品種の育成をした者の氏名 ペトルスユードクス ウイムヘルムスシュレアース
登録品種の植物体の特性の概要
 この品種は,育成者保有系統どうしを交配し育成されたもので,花色が鮮ピンク花盤の色が緑で半八重タイプ小輪花である。 葉長は中,幅は狭,切込みの程度はやや深,葉先角度鋭角葉縁の形は鋭鋸歯鋸歯先端伸展の程度は無又は微,葉色濃緑面の毛じの密度は粗,葉柄長は短,アントシアニン着色有無及び程度は無又は微である。花形は半八重,花容はⅠ型花径50~69mm,舌状花弁の表面の色は鮮ピンクJHS カラーチャート0104),色の分布均一覆輪有無及び縞の有無は無,花盤の色は緑,舌状花弁の形はⅡ型断面の形は平,表面のひだの程度は中,弁先の形は丸,切込み数は2,切込み深さは浅,舌状花弁の長さは30~39mm,幅は10~14mm,舌状花数は70以上,総苞の高さは中,直径は小,内部総苞葉の形は垂直,アントシアニン着色有無は有,花柱上部及び柱頭の色は白,冠毛の色は黄である。花柄長さは中,断面の形は円,帯化傾向は無,太さは中,強さは強,毛じの密度は密,色は淡緑基部アントシアニン着色有無程度は無又は微,頂部アントシアニン着色有無は無,頂部総苞片有無は無である。 「テラアチャ」と比較して葉長長いこと葉柄アントシアニン着色少ないこと,舌状花数が多いこと等で,「テラボマン」と比較して葉柄アントシアニン着色少ないこと,花柄断面の形が円であること,花柄帯化傾向がないこと,花柄の色が淡緑であること等で区別性認められる
登録品種の育成経過概要
 この品種は,デクヴァーケル社の農場オランダ王国)において,1989年育成者所有系統どうしを交配し同年選抜しその後栽培繰り返しながら特性の調査確認行い1992年にその特性が安定していることを確認して育成完了したものである



ヴォーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 05:05 UTC 版)

ヴォーグ (Vogue) は、流行を意味するフランス語イタリア語英語などにも借用された。




「ヴォーグ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ヴォーグのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヴォーグのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴォーグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS