フリースタイルピンクとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > フリースタイルピンクの意味・解説 

フリースタイル ピンク【フリースタイル ピンク】(草花類)

※登録写真はありません 登録番号 第9261号
登録年月日 2001年 8月 16日
農林水産植物の種類 ペラルゴニウム
登録品種の名称及びその読み フリースタイル ピンク
 よみ:フリースタイル ピンク
品種登録の有効期限 20 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 ゴールドスミス シーズ
品種登録者の住所 アメリカ合衆国 カリフォルニア 95020 ギルロイ ヘッカー パス ハイウェイ 2280
登録品種の育成をした者の氏名 ミッチェル ヘインズ
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は、出願所有育成系統に「SALMON QUEEN」を交配して育成されたものであり、花は鮮紫ピンク色八重で中輪の鉢物向きの品種である。草丈は低、の色は緑、毛の多少は少、節間長は中である。葉身形はツタバ形、葉身基部開閉度は一部重なる、欠刻有無は無、葉身長は短、葉身幅は中、斑入り有無は無、アントシアン有無は有、発現仕方は環紋状、紋の鮮明度は強、たく長さは短、幅及び葉柄長さは中である。花房径は中、花蕾の形は紡垂弾、花の重ね八重花径は中、上部花弁及び下部花弁表面上部花弁及び下部花弁表面周縁並びに内花弁の色は鮮紫ピンクJHS カラーチャート9705)、上部花弁及び下部花弁の裏面の色は鮮紫ピンク(同9704)、上部花弁色模様の色は濃紅(同0108)、型は条状、上部花弁及び下部花弁基部白色模様内花弁の色模様及び花弁絞り模様有無は無である。花弁周縁形状全縁状、上部花弁の幅は中、がくの形はⅠ型、毛及び距の有無は有、小花柄長さは長である。花の香りの有無は無である。「リンゴ 2000 ディープローズ」と比較して、花の重ね八重であること、花弁表面の色が鮮紫ピンクであること等で区別性認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は、1989年出願者の温室アメリカ合衆国)において、出願所有育成系統に「SALMON QUEEN」を交配しその実生の中から選抜以後増殖行いながら特性の調査継続し1993年にその特性が安定していることを確認して育成完了したのである



「フリースタイル ピンク」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フリースタイルピンク」の関連用語

フリースタイルピンクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フリースタイルピンクのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS