ナショナルチーム常設化とプロアマ連携強化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ナショナルチーム常設化とプロアマ連携強化の意味・解説 

ナショナルチーム常設化とプロアマ連携強化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 14:02 UTC 版)

野球日本代表」の記事における「ナショナルチーム常設化とプロアマ連携強化」の解説

第2回WBCでの監督選考難航から、早い段階で監督選考・決定を行うべきとの意見相次ぎ、2010年7月にも監督決定を行うとの構想報じられた。だが、2011年5月段階で「人選依然として難題のままだ」との江尻良文による指摘2012年5月段階での「決め方決定権がどこにあるのかが不明確な状況である」との論評が示すとおり、その後の動き鈍かったNPBでは2013年第3回WBC向けた日本代表強化収入増による財政安定化目的として、2010年には代表の常設化NPBによる国際大会開催計画あること発表U-26日本代表併設などを検討した2011年10月7日開催したNPBオーナー会議で、日本代表チーム常設化し、「侍ジャパン」と呼称することを決定した2012年3月10日独自の国際試合として東日本大震災復興支援ベースボールマッチ初め実施された。試合観戦したIBAF会長のリカルド・フラッカリは「(五輪復帰に向け)国際的に有効なメッセージになる」と、代表の常設化について歓迎するコメント述べた。NPB4球団構成され野球日本代表事業ビジネスについて話し合う、侍ジャパンプロジェクト委員会常設化同時期発足し2012年秋2013年春に2試合ずつ相手未定ながらも国際試合を行うことを発表。侍ジャパンプロジェクト委員会は「(事業展開は)粛々と進めたい」「侍ジャパンという大きなプロジェクト価値高めていく」と話し侍ジャパン事業であることを仄めかしている。 代表常設化一方で第3回WBCについては、日本代表スポンサーグッズ販売をめぐる不参加問題があり、NPB参加表明する一方でNPB選手会大会不参加決定する事態2012年9月まで続いた。なお、日本代表独自のスポンサーについては日本帰属することが大会主催者側から認められている。2012年9月3日、NPB12球団侍ジャパン利用したビジネス展開を目指す事業部局をNPB内に設置することを決定4年単位スポンサー募りグッズ販売春秋2度国際試合開催し、そのテレビ放映権などで、WBCへの参加条件見直しは無いが4年総額40億円を超える収益見込まれていることをNPB選手会側へ伝えた選手会は翌4日に「NPBしっかりとビジネス構築することを確約してくれた」としてWBCへの参加表明した詳細は「2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表#編成までの経緯」および「2013 ワールド・ベースボール・クラシック#2013年大会開催までの主な出来事を参照 2012年10月10日監督として有力と見られ秋山幸二固辞により、山本浩二就任することが正式に決まった親善試合である11月侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」では12球団監督によるアンケートに基づき代表選手選考が行われる。2012年11月9日前回WBCスポンサーとなっていた、日本マクドナルドアサヒビール選手会問題により予算確保ができなかったとしてスポンサー見送ることとなったアサヒビールについては後日1年契約でのスポンサー契約締結している)。 2013年第3回WBCでは、準決勝プエルトリコ代表敗れ大会3連覇逃した

※この「ナショナルチーム常設化とプロアマ連携強化」の解説は、「野球日本代表」の解説の一部です。
「ナショナルチーム常設化とプロアマ連携強化」を含む「野球日本代表」の記事については、「野球日本代表」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ナショナルチーム常設化とプロアマ連携強化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ナショナルチーム常設化とプロアマ連携強化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ナショナルチーム常設化とプロアマ連携強化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの野球日本代表 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS