アディポサイトカインとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 健康 > サイトカイン > アディポサイトカインの意味・解説 

アディポサイトカイン

英訳・(英)同義/類義語:adipocytokine

脂肪細胞分泌する生理活性因子総称TNFや、レプチンアディポネクチンなど。

アディポサイトカイン

読み方あでぃぽさいとかいん
別名:脂肪組織由来生理活性物質

脂肪細胞から産生分泌されるさまざまな生理活性物質総称内臓脂肪がたまると、その分泌調節不全をきたします。

 脂肪細胞顕微鏡で見ると、中性脂肪たくわえミトコンドリアなど細胞働きに重要な小器官が隅に押しやられています。このため脂肪細胞脂肪をためこんでは必要に応じて分解産物であるFFA遊離脂肪酸)やグリセロール放出している単なるエネルギー貯蔵庫とみなされてきましたが、これはまったくの誤解で、体の機能調節に重要な生理活性物質を活発に産生分泌している人体最大内分泌臓器であることが明らかにされています。
 「アディポ」は脂肪、「サイトカイン」は生理活性物質を意味し、アディポサイトカインは脂肪細胞から分泌されるその多彩な生理活性物質総称です。
 アディポサイトカインには悪玉物質善玉物質があり、悪玉には血栓をつくりやすくするPAI-1インスリン抵抗性起こすTNF-α、レジスチン、血圧上げアンジオテンシノーゲンレプチンなどが、また善玉にはインスリン抵抗性改善し、動脈硬化を防ぐアディポネクチンあります
 内臓脂肪蓄積は、これらのアディポサイトカインの産生分泌に異常をきたし、血液中の悪玉物質増加する一方善玉物質血中濃度低下させることで、動脈硬化直接的促進し、また糖尿病はじめとする生活習慣病リスク高めるのです。


アディポサイトカイン【あでぃぽさいとかいん】


アディポサイトカイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/28 07:12 UTC 版)

アディポサイトカイン(Adipo-cytokine)とは脂肪細胞から分泌される生理活性物質の総称であり、アディポネクチンレプチンTNF-αなどが含まれる。アディポサイトカインはその生理活性から善玉と悪玉に大きく分けられる。近年、生活習慣の変化によりメタボリックシンドロームの患者数が増加の一途をたどっているが、これらの物質はメタボリックシンドロームの発症において中心的な役割を果たしていると考えられており、注目を集めている。




「アディポサイトカイン」の続きの解説一覧





アディポサイトカインと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アディポサイトカインに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アディポサイトカイン」の関連用語

アディポサイトカインのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オガサワラヤドカリ

ヒゲミル

FLD

スミ

PC-9801F1/F2

ブルーリップエジプシャンマウスブルーダー

ゴールデン・エンヴォイ

ニッチ





アディポサイトカインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2017 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
QUPiOQUPiO
Copyright © 2017 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアディポサイトカイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS