むらさきしきぶとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > むらさきしきぶの意味・解説 

むらさきしきぶ [6] 【紫式部】

クマツヅラ科落葉低木暖地山野生える。高さ2メートル 内外楕円形初夏葉腋ようえき)に淡紅紫色小花多数つけ、秋、球形液果紫色熟す実紫みむらさき)。漢名、紫珠。 [季] 秋。
人名別項参照)。

むらさき しきぶ 【紫式部】 ○

973頃~1014平安中期女流作家歌人藤原為時の女(むすめ)。はじめ藤式部呼ばれる藤原宣孝結婚大弐三位生むがまもなく夫と死別その後源氏物語執筆始める。才媛のほまれ高く、一条天皇中宮彰子上東門院)に仕え、「白氏文集」を進講藤原道長藤原公任らとの交流もあった。ほかに「紫式部日記」「紫式部集」などの著がある。

むらさきしきぶ (紫式部)

Callicarpa japonica

Callicarpa japonica

Callicarpa japonica

Callicarpa japonica

Callicarpa japonica

Callicarpa japonica

Callicarpa japonica

Callicarpa japonica

Callicarpa japonica

Callicarpa japonica

Callicarpa japonica

わが国北海道南部以南各地分布しています。低い山地生え、高さは3メートルほどになります6月から8月ごろ、対生した葉腋から集散花序をだし、小さな淡紫色の花を咲かせます。花からは黄色のついた雄しべ突きだしています。秋から冬にかけて、球形果実紫色熟します。名前は、この果実をすがたを紫式部に見立てたもの。
クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木で、学名Callicarpajaponica。英名は Japanese beautyberry
クマツヅラのほかの用語一覧
ムラサキシキブ:  カリカルパ・ロンギフォリア  土佐紫  天鵞絨紫  小紫  白実の小紫  紫式部  藪紫

むらさきしきぶ

出典:『Wiktionary』 (2008/06/28 06:19 UTC 版)

名詞

むらさきしきぶ

  1. クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木六月淡紫色小花散房花序をつくり、秋に果実熟す。(秋の季語)

語源

翻訳

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「むらさきしきぶ」の関連用語

むらさきしきぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



むらさきしきぶのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのむらさきしきぶ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS