すすきとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > すすきの意味・解説 

すすき【薄/×芒】

イネ科多年草山野群生し、高さ約1.5メートル。秋、の頂に十数本の出し黄褐色から紫褐色大き花穂をつける。これを俗に尾花といい、秋の七草の一。屋根をふくのに用いた。かや。《 秋》「山は暮て野はたそがれの—かな/蕪村

紋所の名。1の穂と図案化したもの


すすき【薄・芒】

〔名〕

イネ科多年草各地山野群生する。稈とは根もとから群がって生え大きなとなる。高さ一〜二メートル長さ六〇〜九〇センチメートル線形先はとがり縁に細い鋸歯(きょし)がある。下部は鞘(さや)となって稈を包む。秋、茎頂十数本の短い分け長さ一五〜三〇センチメートルのほぼ円錐形黄褐色花穂をつける。花穂には節ごとに無柄と有柄小穂双生小穂長さ五〜七ミリメートル披針形で、基部にそれとほぼ同長の白毛多数生じる。(のぎ)は小穂の約三倍達する。茎・葉屋根をふき、根茎利尿薬になる。秋の七草一つ。「箋注和名抄‐一〇」に「薄〈略〉按古謂草叢生者、為須岐、非之名」とあるように、古くは葦、(おぎ)などをも含めて総称した。おばな。かや。《季・秋

書紀720仁徳六二年五月前田本訓)「土を堀ること丈余(ひとつゑあまり)、(かや)を以て其の上(ふく)。敦(あつ)く(ススキ)を敷きて」

(10C終)六七「秋の野のおしなべたるをかしさはすすきこそあれ

紋所の名。①の穂ととを組み合わせ図案化したもの薄の丸雪輪に薄、抱き花薄などがある。

雪輪に薄@薄の丸の画像

③ 襲(かさね)の色目一つ。表は蘇芳(すおう)で、裏地青色のもの。〔満佐須計装束抄(1184)〕

遊里などで、芸娼妓身揚がりをいう。

洒落本戯言浮世瓢箪(1797)二「又は或時の身あがり、無花(ススキ)の情にまねかれて」

[補注]穂は褐色で後、白色に変わる。その穂のさまがの尾に似ているところから「尾花(おばな)」ともいわれる。「万葉集」では「すすき」「おばな」ともに用例認められる


すすき 【芒・薄】

イネ科多年草尾花ともいい秋の七草一つ日本では神の依代とされ、十五夜月見供えたり、保存しておき初田植え用いたりする。地にさすと魔除になるともいう。これで作った箸は骨を拾うのに使う。粥占天気占にも使う。時宗では七月四日払暁に芒念仏を行う。

すすき (薄)

Miscanthus sinensis

Miscanthus sinensis

Miscanthus sinensis

Miscanthus sinensis

Miscanthus sinensis

Miscanthus sinensis

Miscanthus sinensis

Miscanthus sinensis

Miscanthus sinensis

わが国各地をはじめ、朝鮮半島中国東アジア広く分布しています。高さは1~2メートルになり、長線形叢生します。8月から10月ごろ、花茎先に多く花序をだして小穂つけます。「オギ」に似ていますが、小穂先端(のぎ)があるのが特徴です。風になびく穂が、けものの尾のように見えることから「オバナ尾花)」とか、刈り取って萱葺き屋根としたことから「カヤ)」とも呼ばれます。写真下は、岩湧山頂に広がるキトラ呼ばれる萱場です。
イネ科ススキ属の多年草で、学名Miscanthus sinensis。英名は Eulalia
イネのほかの用語一覧
ススキ:  常磐薄  糸薄  縞薄  薄  鷹の羽薄
スズタケ:  毛篶  篶竹

読み方:すすき

  1. 勢力優美なこと。〔花言葉

分類 花言葉

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
すすき

薄木

読み方
薄木すすき

盆城

読み方
盆城すすき

ススキ

(すすき から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 14:12 UTC 版)

ススキ(芒、薄、Miscanthus sinensis)とは、イネ科ススキ属の植物尾花ともいい秋の七草の一つ。また(かや。「」とも書く)と呼ばれる有用植物の主要な一種。 野原に生息し、ごく普通に見られる多年生草本である。


  1. ^ カワセミ通信 No.56”. 戸田市彩湖自然学習センター. 2019年10月31日閲覧。
  2. ^ 奥村健治、山田敏彦「バイオマス利用に向けたススキ属植物の多様性—はじめに—」『日本草地学会誌』第60巻第2号、2014年、 109-110頁、 doi:10.14941/grass.60.109
  3. ^ 気象庁 | 生物季節観測の情報


「ススキ」の続きの解説一覧

すすき

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 16:54 UTC 版)

名詞

すすきススキ

  1. イネススキ多年草尾花ともいう。七草一つ古くより野原生息し、屋根葺くのに用いた。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「すすき」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||


8
90% |||||

9
90% |||||


すすきのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



すすきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのススキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのすすき (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS