こきとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > こきの意味・解説 

こ き [1] 【古器】

古い時代に作られた器物。古器物。

こ き [1] 【古希・古稀

杜甫曲江詩」中の「人生七十古来稀」の句から〕
七〇歳をいう。 「 -の祝い

こ き [1] 【古記】

昔の人が書いた古い記録旧記

こ き [1] 【呼気】

肺から体外に出す空気。吐()く息。 ⇔ 吸気

こ き [1] 【呼起】

( 名 ) スル
よびおこすこと。 「記憶を-する」

濃き

読み方:こき

形容詞「濃い」の連体形


こき


扱き、放き

読み方:こき

カ行五段活用動詞扱く」「放く」の連用形である「扱き」「放き」、あるいは連用形名詞したもの


濃き

読み方:こき

【文語】ク活用形容詞濃し」の連体形

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

こき

ク活用形容詞「こし」の連体形
「こし」の口語形としては、形容詞「こい」が対応する。


濃き

読み方:こき

ク活用形容詞濃し」の連体形
濃し」の口語形としては、形容詞「濃い」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

古櫃 第51号 (こき)

51
第51号
●分類: 収納具 
●倉番: 北倉 183 
●寸法: 縦70.0 横102.0 総高50.0 
●説明: 宝物収納容器本体はすべて製で、と身は背面にある蝶番金具接続する。 

こき

  1. 米相場利用して少額金銭賭ける簡単な賭博次の相場又は翌日相場の上騰するか否かに就て勝敗決するもの。
  2. 期末相場利用して少額金銭賭ける簡単な賭博次の相場又は翌月相場の上騰するか否かについて勝敗決するもの。

古稀

読み方:こき

  1. 七十歳のこと。杜甫の詩に「人生七十古来稀」とあるに基く。
  2. 七十歳のこと、杜甫の詩に「人生七十古来稀」とあるに基く。
  3. 七十歳のこと。杜甫の詩に「人生七十古来稀」とあるところから出た。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



こきと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「こき」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

こきのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



こきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
正倉院正倉院
(C)Copyright(C)2019 Imperial Household Agency. All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2019 Weblio RSS