かけおちとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > かけおちの意味・解説 

かけ おち [0] 【駆(け)落ち・駈け落ち】

( 名 ) スル
親から結婚許しを得られない男女が,しめし合わせてひそかによそへ逃げ隠れること。
逃げ行方をくらますこと。逐電。 「困りきつて-とまで思つたところを五重塔 露伴
戦国時代農民戦乱重税などのために散発的あるいは組織的離村離郷すること。
江戸時代貧困悪事などのために,居住地離れ行方をくらますこと。 〔 は「欠落」と書く。武士には「出奔(しゆつぽん)」の語が用いられる〕

かけおち

作者三浦哲郎

収載図書短篇集モザイク 3 わくらば
出版社新潮社
刊行年月2000.9

収載図書わくらば短篇集モザイク 3
出版社新潮社
刊行年月2003.9
シリーズ名新潮文庫


駈落

読み方:かけおち

  1. 男女手を携へ出奔することをいふ。駈け落ち行くからいつたもの。又は相思相愛男女二人伴つて行方をくらますことをいふ。〔情事語〕

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かけおち」の関連用語

かけおちのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かけおちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS