近赤外線分光法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 光学 > 分光法 > 近赤外線分光法の意味・解説 

近赤外線分光法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/11 08:26 UTC 版)

近赤外線分光法 (きんせきがいせんぶんこうほう) は、近赤外線領域での分光法である。測定対象に近赤外線を照射し、吸収された度合い(吸光度)の変化によって成分を算出する。特長として、近赤外線は中赤外線・遠赤外線と比較して吸収が極めて小さいため、切片等を作成することなく、非破壊・非接触での測定が可能なことが挙げられる。




「近赤外線分光法」の続きの解説一覧





近赤外線分光法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

近赤外線分光法に関連した本

近赤外線分光法に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「近赤外線分光法」の関連用語

近赤外線分光法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

パジェロ

ヤナギタデ

タチビャクブ

雄川堰

巻幡 多栄子

肩甲骨

コインポケット

KTM 990 SUPERDUKE R





近赤外線分光法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの近赤外線分光法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS