近赤外線分光法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 光学 > 分光法 > 近赤外線分光法の意味・解説 

近赤外線分光法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/11 08:26 UTC 版)

近赤外線分光法 (きんせきがいせんぶんこうほう) は、近赤外線領域での分光法である。測定対象に近赤外線を照射し、吸収された度合い(吸光度)の変化によって成分を算出する。特長として、近赤外線は中赤外線・遠赤外線と比較して吸収が極めて小さいため、切片等を作成することなく、非破壊・非接触での測定が可能なことが挙げられる。




「近赤外線分光法」の続きの解説一覧





近赤外線分光法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

近赤外線分光法に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「近赤外線分光法」の関連用語

近赤外線分光法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ジェミニ11号

チンワルド雲母

清水市代

オフ車

キャンティレバー

WS016SH

ダチョウ

ヘラクレスオオカブト ヘラクレス・ヘラクレス





近赤外線分光法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの近赤外線分光法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS