母と息子とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 物語事典 > 母と息子の意味・解説 

母と息子

★1.息子亡母恋う

源氏物語桐壺桐壺帝桐壺更衣偏愛し、2人の間に光源氏誕生する。しかし光源氏3歳になった年、病弱な母桐壺更衣この世を去る(*20歳前後病死したと考えられる)。光源氏亡き母の面影求め、母によく似た藤壺女御思慕する。

古事記上巻 イザナミ火神カグツチを産んだために傷つき、黄泉国赴くイザナキの鼻から生まれスサノヲは、「亡き妣(はは)の住む根の堅州国行きたい」と言って泣く〔*日本書紀巻1・第5段一書第6に類話〕。

★2.少年が、母に似た少女恋し、母の幻影を見る。

さびしんぼう大林宣彦高校2年ヒロキは、女子高に通う美少女百合子あこがれている。百合子寂しそうな横顔から、ヒロキ心の中で彼女を「さびしんぼう」と名づけるある日ピエロ格好をした不思議少女出現し、ヒロキの恋を応援して、やがて消えて行く。ピエロ少女の顔は、どこか百合子に似ていた。大掃除時に紛失した写真を、母が見つけ出しヒロキ見せる。それは母の16歳時の写真で、写っていたのは、あのピエロ少女だった

幽霊北杜夫) 「ぼく」がまだ幼い頃に父は死んだ。その後まもなく母は家を出た。「ぼく」は松本高等学校進学し、ある時、若い頃の母を知る人から、母の少女時代写真初め見せられた。母の顔は、「ぼく」がひそかな恋心抱いている名も知らぬ少女に似ていた。その年の夏終わり、「ぼく」は北アルプスで、母の幻を見た

★3.息子母親創造する。

『なぜ神々人間をつくったのか』シッパー第2章「無からの創造」 ワナディは黙ったまま座ってタバコを吸い、考えながら夢を見ることを繰り返していた。彼は1人の女が生まれ夢を見た。それは彼の母親で、名をクマリアワといった。彼女は赤ん坊ではなく、十分に成長した女性の姿で生まれた。ワナディは彼の力と知恵のしるしとして、母親クマリアワを作った(ヴェネズエラ、マキリタレ族)。

*ワナディの夢から生まれたクマリアワがワナディを産む、ということだから、〔ウロボロス〕の一種であろう





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「母と息子」の関連用語

母と息子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

銀星石

ウェスタンジュニパー

滝

幹筋鳳凰竹

ジェットブラストディフレクター

シュナイダーボルト

前川

雲仙天草国立公園





母と息子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2017 物語要素事典 All rights reserved.

©2017 Weblio RSS