加古川とは?

加古川

安全で活力ある地域潤い流れ目指し
加古川は、但馬地域播磨地域境界連なる山地北部位置する粟鹿山青垣町)に源を発し、途中篠山川杉原川東条川万願寺川美嚢川等を合わせながら滝野町小野市加古川市等を貫流瀬戸内海播磨灘に注ぐ幹川流路延長約96kmの河川です。加古川市流域は9市13町にまたがっており、その面積は約1,730km2兵庫県の約21%を占め播磨地域において最大河川です。

加古川河口部を上空から望む
加古川河口部を上空から望む

河川概要
水系加古川水系
河川加古川
幹川流路延長96km
流域面積 1,730km2
流域内人82万人
流域関係都県兵庫県

加古川流域図
○拡大図
2.地域の中の加古川
"名勝闘竜灘」や「歴史民族資料館」など観光客等との交流多く下流においては市民への防災知識の向上に資する「加古川河川防災ステーション」や「緊急用河川敷道路」を利用した加古川マラソン大会等、市民との交流の場として幅広い年齢層親しまれています。"

播磨地域交流の場、加古川

加古川流域滝野歴史民俗資料
加古川流域滝野歴史民俗資料館
民部卿為家の歌合に詠んだ歌の中に「かこ河」の名前で加古川が登場しており、「旅人の 駒うちわたず むさし鎧 たたなそかへる かこの河なみ」このことから、鎌倉時代中期には「かこがわ」の名前が定着し、古くより親しまれていたことがうかがえます。「加古川流域滝野歴史民俗資料館」では加古川の古い歴史や、加古川とともに生きてきた人々の生活、文化歩みについて紹介されており、見る人に川の果たした役割人々の生活との関わり考えさせてくれます。
闘竜
闘竜灘
また、加古川でもっとも観光客訪れる場所として、「闘竜灘」があります。「闘龍灘」は、東播磨の平野貫流する加古川の多く名勝のうち、最も圧巻といわれるものです。川床いっぱい奇岩怪石起伏し、ここにきて流れ一気加速します。この激し流れが、岩を乗り越えて走る様は巨竜の躍動にも似ており、古来より文人墨客が度々訪れ多く詩歌が詠まれました。この滝はもと「双龍灘」と呼ばれていましたが、幕末詩人梁川星厳やながわせいがん)がここに遊び、「闘龍灘」と題する七言絶句を賦したことから、その漢詩にちなんでこの名が付けられました。滝のやや下流西岸の座の浜には、近世には高瀬舟牛耳った滝野船座の建物倉庫があり、今でもその面影を残しています。
また闘龍灘は“飛び名所”として鮎漁が盛んで、5月1日解禁日には太公望を楽しませてくれます。特に習性を活かした「筧どり」は、当地独特の漁法として知られ、5月3日(旧4月8日)の「光明寺花祭り」や「まつり」とともに初夏滝野風物詩にもなっています。
「加古川河川防災ステーション
「加古川河川防災ステーション
また下流域では、地域防災拠点となる「加古川河川防災ステーション」が設置されています。災害発生した場合住民一時避難場所となるほか水防活動復旧活動拠点となり、平常時には災害模擬体験できる施設として市民解放しています。災害模擬体験通じ市民交流できる場ともなっています。
カヌー大会
カヌー大会
その他、市民憩いの場としては、「加古川大堰付近大堰水面利用レガッタカヌーを楽しんでいます。毎年多彩な大会開催され、地域職場学校などで結成されたチーム熱戦繰りひろげています。さらに河川敷では、阪神・淡路大震災教訓として、復旧救援車両の通行や緊急用物資輸送ルート確保目的とした緊急用河川敷道路整備しており、平常時には、加古川マラソン大会利用されるほか、市民ジョギングを楽しむ場として利用されています。
マラソン大会 河川敷利用した祭り
マラソン大会  河川敷を利用した祭り
3.加古川の自然環境
"加古川は、植物並びに生物とも豊富な生態系を持っており、特に河口域(汽水域)において塩沼植物群落存在し、アイアシ群落シオクグ群落、ナガミノオニシバ群落は、優占種そのもの絶滅危惧種であり、加古川の自然を特徴づける存在であると言えます。"

植物生物多様な加古川

ハクセンシオマネキ
ハクセンシオマネキ
毎年、加古川では生態系調査実施しています。河川水辺の国勢調査における平成14年魚介類調査では、魚類112790種、エビ・カニ・貝類8目2232種が確認されました。特定種としては、ハクセンシオマネキヤリタナゴカネヒラアブラハヤドジョウアカザシラウオサツキマスメダカシロウオトビハゼマサゴハゼ、エドハゼ、チクゼンハゼ、クボハゼが確認されており、調査では、種の多様性及び個体数の多さについては概ね良好といえます。

ホゾバノハマアカザ
ホゾバノハマアカザ
平成15年植物調査では、112620種の植物種を確認しており、このうち33種が特定種、168種が帰化植物でした。植生状況は、河口域(汽水域)において塩沼植物群落存在し、これらは、いずれも汽水域の泥湿地干潟)という特殊な環境成立した植生タイプで、全国でその減少危惧されています。特にアイアシ群落シオクグ群落、ナガミノオニシバ群落は、それぞれの優占種そのもの絶滅危惧種であり、
シオクグ
シオクグ
加古川の自然を特徴づける存在であると考えられます。その他、中流部の湾入部にミクリ群落が、闘龍灘の岩場には、ユキヤナギ群落成立し、シランサツキ生育確認されており、渓流沿い植物優占群落は、県内では珍しいとされています。
アイアシ
アイアシ
4.加古川の主な災害

加古川における近年災害

主な災害記録


S45.6洪水 S51.9洪水

S58.9洪水

(注:この情報2008年2月現在のものです)

加古川

読み方:カコガワ(kakogawa)

所在 兵庫県

水系 加古川水系

等級 1級


加古川

読み方:カコガワ(kakogawa)

所在 兵庫県(JR山陽本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

加古川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/28 15:05 UTC 版)

加古川(かこがわ)は、兵庫県中央部を流れる河川の本流一級河川に指定されている。




[ヘルプ]
  1. ^ 現在、丹波市側には「であい公園」が整備されている。
  2. ^ なお、篠山川最下流の1Kmあまりは丹波と播磨の境界となっている。右岸が丹波で左岸が播磨。
  3. ^ ここで篠山・佐治合流点の流量差が問題となろうが、同地点での経年的なデータが示されていないのでどちらが本流とするべきか疑問が残る。なお、篠山川源流から河口までの流路延長は100キロを超すので、流量の加減では、『理科年表』に掲載されるべき水系である。
  4. ^ なお、ここを経て加古川市と舞鶴市を縦断すれば標高100mを越えずに瀬戸内海から日本海まで行くことができる。
  5. ^ 加古川大堰の概要 (PDF) 国土交通省近畿地方整備局姫路河川国道事務所
  6. ^ 加古川扇状地ゾーン・ゾーンの歴史 (PDF) いなみ野ため池ミュージアム。なお、五ヶ井堰を水源とする五ヶ井用水は農業用水路として現存する。
  7. ^ 『加古川市誌』第一巻
  8. ^ 第19回全国川サミットin加古川 (PDF)”. 姫路河川国道事務祖 調査第一課 (2010年9月26日). 2013年4月5日閲覧。
  9. ^ 加古川ウェルネス協会 全国公募 川の絵画大賞展”. 加古川ウェルネス協会. 2013年4月5日閲覧。
  10. ^ 1984年(昭和59年)に国鉄高砂線が廃止されるまでは、山陽電気鉄道橋梁の下流側に平行して設置されていた高砂線加古川橋梁が最下流の鉄道橋であった。


「加古川」の続きの解説一覧





加古川と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「加古川」の関連用語

加古川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

沙流川

嘉瀬川

佐波川

手取川

江の川

大分川

九頭竜川

土器川





加古川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2017 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加古川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS