剣道とは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > 剣道の意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


けん どう -だう [1] 【剣道】

防具着用し,互いに竹刀(しない)定められた部位打突して勝負を争う格技。 「 -具」 「 -場」

剣道

歴史と沿革


剣道の歴史始まり日本刀出現同時といえます。彎刀(わんとう)で鎬造りの刀は日本独特で、平安時代中頃出現しました。応仁の乱より始まる戦乱時代に、剣術流派が相次いで成立しましたが、鉄砲伝来により、戦闘方式軽装備の白兵戦へと移っていきます。この変化合わせ洗練された刀法が確立され、新陰流や一刀流などの諸流派に統合されていきました。江戸幕府開府以後、平和な時代訪れると、剣術は人を殺す技術から武士としての人間形成目指す活人剣」へと昇華し、技術論のみでなく生き方に関する心法まで拡がりました。

新たな基軸打ち出したのが直心影流長沼四郎左衛門国郷です。長沼正徳年間剣道具(防具)を開発し、竹を革で包んだ「袋しない」で打突し合う「打込み稽古法」を確立しました。これが今日の剣道の直接的な源です。その後宝暦年間一刀流中西忠蔵子武が鉄面竹具足式の剣道具(防具)を用いて打込み稽古法を採用すると、多く流派波及しました。江戸時代後期には、「四つ割り竹刀」が発明され、胴もなめし革を貼り、漆で固めたものが開発されました。この頃千葉周作は、打突部位別に竹刀打ち剣術の技の体系化をはかり、「剣術六十八手」を確立させました。

明治維新となり新政府が設置されると、武士階級廃止帯刀禁止されたことにより、剣術下火になっていきました。その後、1877(明治10)年、西南の役契機として、警視庁中心に復活兆し見えはじめました。1895(明治28)年には、剣術はじめとする武術振興を図る全国組織として大日本武徳会設立されました。

1912大正元)年には「大日本帝国剣道形」が制定されました。全国数百あるといわれた剣術流派を、この剣道形統合するというものです。また剣道形は、日本刀による技と心を後世継承するとともに竹刀打ち剣道の普及による手の内乱れや、刃筋無視した打突正すという役割担います。戦後は、「日本剣道形」と名称を変え、現在も広く修錬されています。1919大正8)年には、従来剣術撃剣という呼び名から「剣道」に名称を統一しました。

第2次世界大戦後、連合国軍占領下におかれ、大日本武徳会解散憂き目に遭い、壊滅に近い状態にあった剣道ですが、1952(昭和27)年に独立回復すると、いち早く全日本剣道連盟結成され、復活スタートを切りました。今日では、学校体育の重要な一部分構成するとともに老若男女を問わず庶民の間に広がり数百万人に及ぶ幅広い年齢層愛好家竹刀持ち、ともに稽古に励んでいます。

また、世界各地で剣道愛好家も増え、1970昭和45)年には国際剣道連盟結成され、第1回世界剣道選手権大会日本開催されました。世界剣道選手権大会3年に1回、開催持ち回り行われます。2009平成21)年8月にはブラジルサンパウロにおいて第14世界剣道選手権大会開催され、38ヶ国・地域から400余名選手集まりました。


競技方法

2人競技者が、1対1相手打突部位面部胴部小手部、突部)を、竹刀でもって有効打突充実した気勢適正な姿勢を持って、竹刀打突部で打突部位刃筋正しく打突し、残心あるもの)となるように打突合います。

竹刀媒介することにより、直接体をぶつけ合うことが少ないこと、また、スピードパワーそのまま勝負決するものではないというのが大きな特徴です。これらの特性により、男女の別なく子どもから高齢者まで、一緒に稽古することが可能です。

剣道では、称号段位制度設けられています。段位(初~八段)は剣道の技術的力量を示すもの、称号錬士教士範士)はそれに加え指導力識見などを備えた剣道人として完成度を示すものとして、授与されるものです。

竹刀稽古のほか、剣道では「日本剣道形」の修錬重視されています。日本剣道形は、先人たちが伝えてきた剣の理法の、いわばエッセンスです。太刀の形7本、小太刀の形3本が制定されており、これらをくり返し稽古することで、剣の理法習得図ります段位審査では必修とされ、竹刀稽古とは車の両輪ともいえる関係にあります


ルール

試合は、(財)全日本剣道連盟定めた『試合審判規則/同細則に基づき有効打突競うものです。

個人試合団体試合ともに1対1での対戦になります。試合時間基準原則5分です。勝敗は3本勝負原則とし、試合時間内に有効打突を2本先取した者が勝ちですが、一方が1本を取りそのまま試合時間終了したときは、この者を勝ちとします。また、試合時間内に有効打突を1本先取した者を勝ちとする1本勝負試合形式あります試合時間内に勝敗が決しない場合延長戦行い先に1本取った者を勝ちとします。また、判定もしくは抽選により勝敗決める、あるいは引き分けとすることもできます

団体試合では「勝者数法」(勝者の数によって団体勝敗を決し、勝者同数場合は総本数の多い方を、総本数同数場合代表者戦によって勝敗決する方法)と「勝ち抜き法」(勝者続け試合行い団体勝敗決する方法)がありますが、その他にも各大会定め方法により勝敗決することができます


道具・試合場など

剣道着と袴を着用し、その上に剣道具防具/面、胴、小手、垂)を着けます。面の下には手ぬぐいを頭に巻きます。また、垂には自分の名前と所属を示すゼッケン付けます。足は裸足原則です。試合場合は、背中の胴の紐に赤か白のたすきを付けます。



竹刀は、四つに割った竹を先革・中結・柄と弦などで固定したものです。竹の部分カーボン素材竹刀使用認められています。また、竹刀には年齢性別により長さ重さ太さ規定されており、公式大会においては、不正・破損等が厳しチェックされています。また、両手竹刀を持つ二刀認められています。ただし、二刀のうち一刀小刀とし、もう一方大刀としなければなりません。また長さ重さ太さ等の規定一刀とは別に設けられています。

試合場の床は板張り原則とし、境界線含み一辺を9mないし11mの正方形または長方形とします。



剣道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/14 03:41 UTC 版)

剣道(けんどう)は、日本剣術競技化した武道




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 「実習の際に多少の危険がある」、「ややもすれば粗暴の気風を養う」、「道具を要し、かつ清潔に保つことが容易ではない」、「各人に監督を要し、一斉に授けがたい」、「武技と体操は似て非なるものである」などの理由による。
  2. ^ 寛文7年(1667年)の安倍立伝書に「剣術は日用の術なので剣道という号にする」という記述、弘化5年(1848年)の大石神影流門人渡部直八の『諸国剣道芳名録』、明治時代の一刀正伝無刀流開祖山岡鉄舟の書物に「剣道」という表現がある。
  3. ^ 内藤高治は「これで日本剣道は滅びた」と嘆じた。
  4. ^ なお、柔道は昭和23年(1948年)に解禁されている。
  5. ^ 当時の全日本剣道連盟兼全日本撓競技連盟の幹部(庄子宗光、中野八十二、大島功、渡辺敏雄)の座談会において中野八十二は、「今度、剣道連盟が、剣道はスポーツとして行くんだと宣言されたことは、非常に意味があると思う。剣道というものは、御承知のように武士階級の盛んな封建時代に育ったもので、それがだんだんと発展してきて民主的になったといっても、まだそのような気分の抜けきれぬところが多くある。『俺は剣道をやっているのだ、俺はほかの者よりいいものをやっているのだ』という貴族的な、あるいは武士的な気持が多分に残っていたと思うのです。ところが御承知のようにスポーツというものは、本当をいえば民主主義に根ざしたものですから、相手を征服するとか何とかいうことでなしに、本当に相手と共に楽しみながら、剣道を通してお互を磨いていくということが、本当の姿と思うのです。私はスポーツというものはそういうものだと思う。そうした点を剣道連盟がはっきりと明確に打ち出されたということは、結局、剣道というものをある特権階級的雰囲気から大衆的雰囲気にしたともいい得るので、一大躍進と称しても過言でないと思います。」と述べている[7]
  6. ^ 全日本剣道連盟第2代会長の石田和外は、昭和52年(1977年)に『通産ジャーナル』誌上で、「剣道はいまスポーツとして評価されているし、スポーツであることは間違いないことです。スポーツとしても立派に成り立つと思いますが、やはり剣の道ということになると、昔の人の心構えということになりますね。(中略)剣道をスポーツだと考える人からいうと、少しややこしくなりますが、剣道はつきつめていくと、魂のこもった日本刀で、場合によっては、命のやりとりもしなければいけないんだという、一つの奥があるんです。」と述べている[8]
  7. ^ 現在の全日本剣道連盟は、「剣道は剣道具を着用し竹刀を用いて一対一で打突しあう運動競技種目とみられますが、稽古を続けることによって心身を鍛錬し人間形成を目指す『武道』です。」と表明している[9]

出典

  1. ^ 全日本剣道連盟 | 剣道を知る | 剣道とは
  2. ^ 戸部新十郎『明治剣客伝 日本剣豪譚』120頁、光文社
  3. ^ 庄子宗光『剣道百年』9頁、時事通信社
  4. ^ 庄子宗光『剣道百年』58頁、時事通信社
  5. ^ 西久保氏武道訓
  6. ^ 大塚忠義『日本剣道の歴史』、牧秀彦『図説 剣技・剣術二』
  7. ^ 庄子宗光『剣道百年』646頁、時事通信社
  8. ^ 『通産ジャーナル』1977年9月号、通商産業省
  9. ^ 全日本剣道連盟 | 剣道を知る | 剣道とは
  10. ^ 庄子宗光『剣道百年』620頁、時事通信社
  11. ^ 剣道:32歳英国人、選手と武道具店員を掛け持ち - 毎日新聞2015年06月10日
  12. ^ 世界剣道選手権での韓国の審判批判はまったくの的外れ - ダイヤモンド・オンライン
  13. ^ 剣道に関する全剣連の見解
  14. ^ 月刊剣道日本』2002年4月号88頁、スキージャーナル。
  15. ^ 月刊剣道日本』2003年11月号46-47頁、スキージャーナル。
  16. ^ 内田良「柔道事故ー武道の必修化は何をもたらすのかー学校安全の死角4(pdf)
  17. ^ 剣道医学救急ハンドブック(第3版)の販売開始のお知らせ
  18. ^ 剣道における暑熱環境下の水分摂取 事故を防ぐ・稽古量を増やす (財)全日本剣道連盟 医・科学委員会 2005年
  19. ^ 竹田高剣道部の熱射病死:「同様の事故防ぎたい」 大分で両親ら街頭署名 /大分 毎日新聞 2013年05月04日 地方版
  20. ^ 朝日新聞2013年10月26日付15面(私の視点)「スポーツと暴力 生徒は何も言えない」(※死亡した兄の事故当時、同部に兄弟で所属していた1学年下の実弟による手記)
  21. ^ 元顧問の賠償なし、確定 大分合同新聞 2015年7月31日朝刊
  22. ^ a b c 剣道選手のアキレス腱断裂に関するアンケート調査 - 早稲田大学スポーツ科学部
  23. ^ 福岡参院議員がけが 剣道稽古中、アキレス腱切る - 佐賀新聞
  24. ^ 衆議院議員会館剣道場稽古会 - 道場の写真あり。


「剣道」の続きの解説一覧

剣道

出典:『Wiktionary』 (2007/12/27 08:13 UTC 版)

名詞

けんどう

  1. 日本武道の一。刀剣、特に竹刀を使って戦い心身鍛練することを目的とする。

翻訳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

剣道に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「剣道」の関連用語

剣道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クロリティー

グラススキー

ホッケー

軟式野球

気球

クリケット

パラグライディング

なぎなた





剣道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの剣道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの剣道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS