柔道とは?

じゅう どう じうだう [1] 【柔道】

1882年明治15嘉納治五郎講道館創立し,柔術改良して創始した格技心身鍛練し,その力を最も有効に使用する道を体得させようとするもの。投げ技固め技当て身技の三部からなり,さらに投げ技立ち技捨て身技,固め技抑え込み技と絞め技関節技それぞれ分かれる当て身技は危険なため試合では禁止されている。 → 柔術

柔道(じゅうどう)(judo)

格闘技一種

1964年から男子オリンピック1992年から女子オリンピックに、種目としてそれぞれ採用されている。柔道は格闘技一種だ。技をかけて「1本」とると勝ちだ。これを1本勝ちといい、その時点で試合終了する。この技には「投げ技」「固め技」「押さえ込み技」がある。

投げ技」で1本が決まるのは、投げ相手をほぼ仰向けに倒したとき。「固め技」が決まるのは、その技の効果が十分あらわれ場合、または相手が「まいった」の合図をした場合。「押さえ込み技」では、相手30秒間押さえ込むと決まる。

柔道は柔術としての歴史があり、技を決め一本とることを尊重する。しかし、制限時間内にどちらのサイドも技を決められないことがある。この場合判定勝負決める。

この際の判断材料が、試合中に出される「技あり」「有効」「効果」の審判だ。技をかけたが、それが完全に決まらなかった場合与えられる。これらは判定の際、プラスポイントとして加算される。技あり、有効、効果の順で得点が高くなる。

対して、判定の際にマイナスになるのが「警告」「注意」「指導」の審判だ。技を積極的にかけなかった場合などに出される。警告注意指導の順で、判定時に得点がマイナスされる。

判定では、これらのプラスポイント、マイナスポイントを総合評価して、最終的勝敗決める。

(2000.09.17更新


柔道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/21 04:39 UTC 版)

柔道(じゅうどう)は、「柔」(やわら)の術を用いての徳義涵養を目的とした芸道武道のことである。現代では、その修養に用いられる嘉納治五郎流・講道館流の柔術技法を元にした理念を指して「柔道」と呼ぶことが一般化している。柔道は、投げ技固め技当身技の三つを主体とする武術・武道、そしてそれを元にした社会教育的な大系となっている。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 『柔道教本』(1931年)では「単独練習」と「極式相対練習」と表記している[19]
  2. ^ 他の競技では原則として、準決勝で敗れた国・地域同士による対戦。競技により行われず3位が2カ国となるものもある。
  3. ^ ブラジリアン柔術については、柔道から派生したという歴史的な経緯や高専柔道の技法との共通性から、日本の柔道選手の間でも取り組まれつつある。
  4. ^ 関連項目:未必の故意

出典

  1. ^ 『DVDシリーズ柔道パーフェクトマスター』16頁。
  2. ^ JOCウェブサイトより
  3. ^ 講道館師範嘉納治五郎先生遺訓「柔道は心身の力を最も有効に使用する道である。その修行は攻撃防禦の練習に由つて身体精神を鍛錬修養し、斯道の神髄を体得する事である。さうして是に由つて己を完成し世を補益するが、柔道修行の究竟の目的である。」
  4. ^ IJF Statutes (Swiss Association) 21 08 2015 ENG.pdf
  5. ^ 菊池智之「松平定信の武芸思想に関する一考察-新甲乙流への道程-」『武道学研究』第23巻第3号、1991年3月、pp.10-23
  6. ^ 杉山重利 編著『武道論十五講』pp.75
  7. ^ 井上俊『武道の誕生』pp.7
  8. ^ 女子柔道に世界の試練「型」より腕力が課題 朝日新聞 1979年12月19日朝刊15ページ
  9. ^ 講道館(1995)『決定版 講道館柔道』講談社 第9章当身技、142ページ
  10. ^ 柔道の技名称について
  11. ^ 『柔道手引草』 磯貝一 武徳会誌発売所、明治43年 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/860056/22
  12. ^ 『通俗柔道図解』 有馬純臣 岡崎屋、明治38年 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/860394/72
  13. ^ 『柔道大意』 有馬純臣 岡崎屋、明治38年 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/860055/62 。小手挫、首挫~足詰も上記三書に収載。
  14. ^ 講道館(1995)『決定版 講道館柔道』講談社 第9章当身技、144ページ
  15. ^ 儀間真謹・藤原稜三『対談近代空手道の歴史を語る』ベースボール・マガジン社、1986年、110、111頁参照。
  16. ^ 嘉納治五郎「柔道概説」『嘉納治五郎大系』第3巻、本の友社、1987年、114頁参照。
  17. ^ 『嘉納治五郎大系』第8 本の友社、1988年、参照。
  18. ^ a b 嘉納治五郎「精力善用国民体育と従来の形と乱取」『嘉納治五郎大系』第8巻 本の友社、1988年、214-219頁。
  19. ^ 嘉納治五郎『嘉納治五郎大系』第3巻、本の友社、1987年、3頁参照。
  20. ^ 嘉納治五郎『嘉納治五郎大系』第3、8巻 本の友社、1987-1988年、参照。
  21. ^ 儀間真謹・藤原稜三『対談近代空手道の歴史を語る』ベースボール・マガジン社、1986年、110、111頁参照。
  22. ^ 藤堂良明『柔道の歴史と文化』不昧堂、2007年、131頁参照。
  23. ^ 『球陽』第18号、1909年、沖縄県公文書館所蔵。高宮城繁・仲本政博・新里勝彦『沖縄空手古武道事典』柏書房、2008年、736頁参照。
  24. ^ 山内盛彬・諸見里朝保「唐手部記録」『龍潭』創立四十周年記念沖縄県師範学校学友会、1911年。高宮城繁・仲本政博・新里 勝彦『沖縄空手古武道事典』柏書房、2008年、735頁参照。
  25. ^ 中田瑞彦「本部朝基先生・語録」、小沼保編著『琉球拳法空手術達人・本部朝基正伝(増補版)』壮神社、2000年、87頁参照。
  26. ^ 儀間真謹・藤原稜三『対談近代空手道の歴史を語る』ベースボール・マガジン社、1986年、110頁参照。
  27. ^ 藤堂良明『柔道の歴史と文化』不昧堂、2007年、133頁参照。
  28. ^ 「柔道」第1巻第三号 昭和五年六月
  29. ^ 『嘉納治五郎大系』第三巻 p.269
  30. ^ 平野時男『柔道世界投げ歩る記』
  31. ^ 月刊秘伝』2000年7月号
  32. ^ 『道と術』三船久蔵
  33. ^ 「柔道の形に関する研究 : 連絡の形の創作」光本 健次
  34. ^ 柔道の形に関する研究(その1)―デンマークで考案された連絡の形の一考察―
  35. ^ 柔道の形に関する研究(その2)―連絡の形の一考察―
  36. ^ 『柔道大事典』p.214
  37. ^ 『嘉納治五郎著作集 第2巻』p.105
  38. ^ 『嘉納治五郎著作集 第2巻』p.18
  39. ^ 『嘉納治五郎 私の生涯と柔道』理想の柔道教師 p.92
  40. ^ 月刊秘伝』2011年12月号「特集 形に秘められた実戦柔道 嘉納治五郎と武器術」
  41. ^ 『作興』1926
  42. ^ 『柔道の歴史と文化』藤堂良明 p.127
  43. ^ 神山典士『グレイシー一族に柔術を教えた男 不敗の格闘王 前田光世伝』祥伝社、『前田光世の世界制覇』巻末 前田光世・筆「余が経験せる西洋角力」、『冒険世界』1911年10月1日発行 前田光世・投稿「余が経験せる拳闘」
  44. ^ 『世界横行・柔道武者修行』前田光世・記
  45. ^ 『―日本プロレス秘話―力道山以前の力道山たち』小島貞二 三一書房
  46. ^ 藤堂 良明『柔道 その歴史と技法』
  47. ^ 藤堂 良明『柔道 その歴史と技法』
  48. ^ 『古流柔術――その術理と知られざる秘技』寺尾正充
  49. ^ 『嘉納先生傳』横山健堂
  50. ^ 『武道十五講』
  51. ^ 『[第1部・フランス](上)AWAZUの柔道50年』 『[第1部・フランス](下)エリート育成 国主導』
  52. ^ 『和英対照柔道用語小事典』
  53. ^ 『天神真楊流柔術極意教授図解』
  54. ^ 『柔道大事典』
  55. ^ 柔道チャンネル 『柔道用語辞典』
  56. ^ 桐生習作『柔道「慰心法j の導入と嘉納治五郎の思想』
  57. ^ “全日本柔道連盟50年誌 第四部資料編 日本柔道史年表”. 全日本柔道連盟公式ページ (全日本柔道連盟). http://www.judo.or.jp/shiru/rekishi 
  58. ^ a b c “読むキーワード -十段 柔道、12万人に1人-”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2006年3月7日) 
  59. ^ a b c d e 国際柔道連盟試合審判規定(2014-2016)
  60. ^ a b c 有効、合わせ技一本を廃止=来年からルール改正-国際柔道連盟 時事通信 2016年12月10日
  61. ^ a b c Wide consensus for the adapted rules of the next Olympic Cycle
  62. ^ いきなり抱きつく攻撃はダメ、柔道に新ルール 読売新聞 2010年9月6日
  63. ^ 国際柔道連盟(IJF)試合審判規定改正 (PDF)
  64. ^ 柔道国際大会、1人審判を試験導入へ 連盟会長が明言 日本経済新聞 2012年11月30日
  65. ^ 柔道、「脚取り」全面禁止へ…国際大会新ルール 読売新聞 2012年12月10日
  66. ^ ENG-Refereeing-Rules-2013-2016
  67. ^ 女子は4分間に短縮=柔道新規則 時事通信 2013年11月28日
  68. ^ 【柔道】国際連盟、柔道以外の格闘技大会出場禁止を通達 石井慧にも影響か スポーツ報知 2014年12月10日
  69. ^ 国際柔道連盟試合審判規定(2017-2020)改正の要点
  70. ^ 【審判委員会】大会におけるマウスピース(マウスガード)の装着について(通達)
  71. ^ 『臨床整形外科』2015年9月号「世界と戦うために 全日本柔道における筋力トレーニングの現状と未来への提案」紙谷武 柏口新二
  72. ^ 『臨床整形外科』2015年9月号「世界と戦うために 全日本柔道における筋力トレーニングの現状と未来への提案」紙谷武 柏口新二
  73. ^ 『改革』井上康生
  74. ^ 『GONG 格闘技 2012 10.23 No.244』「柔の現在。」松原隆一郎溝口紀子・対談
  75. ^ ひるおびTBS系列 2016年8月15日放送
  76. ^ 「康生改革支えた裏方=筋トレ、栄養、データ分析」-柔道〔五輪・柔道〕2016/08/14
  77. ^ 「嘉納健治の「柔拳興行」と日本ボクシング史におけるその位置づけ」池本淳一
  78. ^ 竹田浅次郎『對拳式実戦的柔道試合法』
  79. ^ 星崎治名『新柔道』「拳闘に対する柔道家の心得」
  80. ^ 『嘉納柔道思想の継承と変容』永木耕介p.107
  81. ^ 「講道館柔道の思想的背景について」藤堂良明
  82. ^ 「講道館柔道の思想的背景について」藤堂良明
  83. ^ 「柔の意味に関する研究」籔根敏和、岡田修一、山崎俊輔、永木耕介、猪熊真
  84. ^ 「講道館柔道の思想的背景について」藤堂良明
  85. ^ 『柔道の歴史 嘉納治五郎の生涯』(原作・橋本一郎 画・作麻正明)
  86. ^ 「講道館柔道の思想的背景について」藤堂良明
  87. ^ 「柔の意味に関する研究」籔根敏和、岡田修一、山崎俊輔、永木耕介、猪熊真
  88. ^ 「講道館柔道の思想的背景について」藤堂良明
  89. ^ 柔道の安全指導 2011年第3版 8-12頁 全日本柔道連盟
  90. ^ 遺族の思い、柔道界動かす 滋賀の柔道部員死亡から2年 asahi.com 2011年8月24日
  91. ^ 柔道のリスク知って 中学で必修化控えシンポ 滋賀 asahi.com 2011年11月28日]
  92. ^ 記憶・言語障害や視野狭窄…柔道練習で後遺症、学校側に賠償命令 読売新聞 2015年8月20日
  93. ^ 柔道の試合後に部員死亡 仙台の私立高 河北新報社 2016年5月13日
  94. ^ http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2781906/6629423
  95. ^ 内田良「柔道事故ー武道の必修化は何をもたらすのかー学校安全の死角4(pdf)
  96. ^ 中高生114人、柔道で死亡していた…名大調査 (2012年1月18日 読売新聞)2012年1月30日閲覧
  97. ^ (講道館 昭和54年3月1日発行『柔道』平成10年8月号 第69巻 第8号 50頁~54頁 加藤俊雄著「昭和41年に考案したヘッドサポーターとその使用実態」)、(大阪府柔道連盟昭和54年3月1日発行『大阪の柔道』第2号 44頁~46頁 加藤俊雄著「ヘッドサポーターの考案とその効果」)
  98. ^ 大阪府柔道連盟昭和54年3月1日発行『大阪の柔道』第2号 30頁 岩井邦利(大阪体育協会スポーツ少年団本部長)著 「スポーツ少年柔道について」
  99. ^ [2009年7月 http://judojiko.net/news/364.html 滋賀県愛荘町立秦荘中学校柔道部の事故]では、第1回口頭弁論の段階では町側は過失について争う姿勢を見せていた(町側が過失認める 愛荘の中学生柔道部員死亡訴訟京都新聞 2012年01月24日 22時30分)(中学柔道部死亡事故で元顧問の過失認める 滋賀・愛荘町 朝日新聞 1/25)
  100. ^ (2011年度) http://www.judo.or.jp/data/docs/print-shidou.pdf
  101. ^ 柔道部練習で高2が首脱臼、首から下が不随に(2012年1月18日 読売新聞)2012年1月30日閲覧
  102. ^ “柔道事故 死亡ゼロが続いていた――マスコミが報じない柔道事故問題「改善」の事実”. BLOGOS. (2014年12月7日). http://blogos.com/article/100654/ 2014年12月7日閲覧。 
  103. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p NHKクローズアップ現代 「“必修化”は大丈夫か 多発する柔道事故」20120206 [1]
  104. ^ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120125/k10015523971000.html 柔道事故への注意記事 掲載見送り 1月25日 16時27分 2012年1月30日閲覧
  105. ^ 公益財団法人 全日本柔道連盟<タムシ>「皮膚真菌症(感染症)について」 Q & A http://www.judo.or.jp/data/data-shinkin.php



柔道

出典:『Wiktionary』 (2010/09/27 07:47 UTC 版)

名詞

じゅうどう

  1. 明治15年嘉納治五郎創始した武道正式名称は『日本伝講道館柔道』。

関連語

翻訳






柔道と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

柔道に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「柔道」の関連用語

柔道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ラケットボール

ウエイトリフティング

気功

エアースポーツシューティング

スピードスケート

3B体操

グライダー

健美操





柔道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの柔道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの柔道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS