剣術とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 武術 > 剣術の意味・解説 

剣術

読み方:ケンジュツkenjutsu

法・刀術・剣法撃剣あるいは兵法


剣術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/12 14:17 UTC 版)

剣術(けんじゅつ)は、日本における刀剣(日本刀)で戦う武術である[1]


[ヘルプ]
  1. ^ 剣術
  2. ^ a b c 牧秀彦 2005.
  3. ^ 「弓・鉄炮・鑓・長刀・皆是武家の道具なれば、いづれも兵法の道也」『五輪書 地之巻』
  4. ^ 今村嘉雄『図説日本剣豪史』
  5. ^ 柳生厳長『剣道八講』
  6. ^ 富永堅吾『剣道五百年史』新當流極意剣図巻、飯篠長威入道門葉方波見正秀が永禄十二年にその弟子野堂喜六に与えた唯授一人の伝授書
  7. ^ 今村嘉雄『図説日本剣豪史』による
  8. ^ 「日豊風雲録」2010年3月 日豊中世歴史研究会
  9. ^ 是本信義 2003.
  10. ^ 長尾進「近世・近代における剣術・剣道の変質過程に関する研究--面技の重視と技術の変容」、『明治大学人文科学研究所紀要』、明治大学人文科学研究所、1996年、 251-263頁、 NAID 120001440160
  11. ^ 長尾進「水戸藩における試合剣術に関する一考察--『公覧始末撃剣』の分析を通して」、『明治大学教養論集』、明治大学教養論集刊行会、1996年3月、 1-20頁、 NAID 120001441184
  12. ^ 木下秀明「「撃剣」「剣術」から「剣道」への移行に関する史的考察」、『体育學研究』第51巻第1号、社団法人日本体育学会、2006年1月10日、 33-48頁、 NAID 110004026947
  13. ^ 是本信義 2003, p. 112.
  14. ^ 是本信義 2003, p. 226.


「剣術」の続きの解説一覧

剣術

出典:『Wiktionary』 (2009/03/16 03:15 UTC 版)

名詞

けんじゅつ

  1. 刀剣によって相手を倒す武術
  2. 剣道旧称





剣術と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「剣術」の関連用語

剣術のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

900i

セレーネ計画

らくらくホン プレミアム

アロサウルス・フラギリス

箱島湧水

シェイカーカップ

ばあゆ

1060形





剣術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの剣術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの剣術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS